阪神温泉郷<関西の激渋銭湯ホーム
チープに極楽。生きててよかった!
阪神温泉郷

源泉掛け流しのある温泉銭湯


まっちゃんの独断選定基準 

1995年の阪神大震災で多くの歴史ある銭湯がつぶれてしまった神戸・阪神地区だが、そのかわりにあちこちで温泉が掘られるようになり、温泉銭湯として蘇る銭湯が増えた。
わざわざ遠くの温泉地へ行かなくても、すぐ近くで、普通の銭湯料金でいろんな温泉が楽しめるようになったのである。すすすばらすい〜。

というわけで、一般銭湯でありながら源泉掛け流し浴槽のあるところをこのエリアから抜き出し、さらに泉質・香り・掛け流し量・雰囲気などで気にいったところを選びました。

ただし、週末はどこもけっこう混んでいる。できれば平日の夕方ごろまでに行けたらベスト(もしくは阪神が試合をやってる時間帯)。

わが神戸市東灘区から近い順です。

(西へ)
六甲おとめ塚温泉(神戸市灘区)
六甲道灘温泉(神戸市灘区)
水道筋灘温泉(神戸市灘区)
朝日温泉(神戸市兵庫区)
恵美寿湯(明石市)

(東へ)
浜田温泉(西宮市)
クア武庫川(西宮市)
蓬莱湯(尼崎市)
戎湯(尼崎市)

六甲おとめ塚温泉


神戸市灘区徳井町3丁目4−14
TEL 078-851-2228
【料金】大人340円、サウナ別
【営業時間】早朝6:00〜深夜1:00

【定休日】無休

 全身にびっしりと炭酸水素イオンの気泡がくっついてくる。感動だ。

 阪神石屋川駅から川沿いに北へ行き、2号線を越えて1筋目を左へ曲がって少し行くと、大きな「ゆ」の看板が見えてくる。駅から500mくらい。
 「湯あそびひろば」系列の大きな銭湯で、1Fはフロント、脱衣室と軽食堂、2階はジャグジー、エステバスなど、3階が温泉の内湯と露天風呂になっている。
 浴室は2種類あり、男女が1日おきに入れ替わる。

 1分あたり400リットル以上と豊富な湧出量。3階のメイン浴槽と露天風呂が温泉。
 湯に入ると、あっという間に気泡が全身に付着して、ウブ毛がアワアワで全身が白くなるほど。しかも、なんともいえぬいい香りがする。
 泉温は41度余で、加熱の必要もない。広い露天風呂の壁には、「地下から汲み上げた温泉だけをそのまま空気に触れさせずに直接注いでいます。お湯はすべて使い捨てでです」と誇らしげに掲示してある。
 露天には水風呂もあり、こちらも広くて冷たい。

 軽食コーナーも充実している。

このページの頭関西の激渋銭湯ホーム

六甲道灘温泉


神戸市灘区備後町3丁目1−4
TEL078-854-6545
【料金】大人\340、サウナ別   
【営業時間】早朝6:00〜23:00

【定休日】無休

 JR六甲道駅下車、南東へ徒歩3分と便利のいい場所にある。
 阪神大震災後に新築された建物はレトロ風にデザインされ、玄関には木のロッカーをあしらったニクイ演出。

 円形のメイン浴槽は加熱循環で、お湯は茶色く変色している。
 源泉浴槽は2〜3人でいっぱいになる小さいものだが、31度の源泉(透明やや白濁)は生き生きとした感触で、いい香りがする。無数の気泡が体に付着してくる。

 ジャグジー浴槽は温泉でなく普通の湯だが、浴槽の端に備長炭がいっぱい積んであって、そこを湯がくぐって出てくるしかけになっている。

 特筆すべきは、シャンプーやボディソープが備え付けである点。湯上がりは、お肌しっとり、髪さらさらになる。
 露天スペースには岩組みの露天風呂があり、庭もある。
 脱衣場やロビー横の休憩スペースが狭いのが難点だが、外にウッドデッキがあるので、冬以外はそこでくつろげる。セルフサーブの生ビールうまし。ソフトクリームやシャーベットもセルフサーブ。

 立地がいいぶん、休日はかなり混む。

このページの頭関西の激渋銭湯ホーム

水道筋灘温泉


兵庫県神戸市灘区水道筋1丁目26 
TEL078-861-4535
【料金】大人\340 サウナ別
【営業時間】早朝4:30〜深夜24:30 
【定休日】無休

 阪急王子公園駅を降りて南側を東へ約1km、水道筋商店街の東端にある。バスなら水道筋1丁目バス停を北にすぐ。六甲道灘温泉と姉妹店だ。
 2003年10月にリニューアルオープンした。
 玄関脇には「さすり観音」なんていうのもできた。横から出ている源泉をかけて、痛い部位をさすれとな。



 フロント式になり、休憩スペースも広い。六甲道と同じくセルフサーブの生ビールやシャーベット、ソフトクリームが配備された。
 1階は男風呂が全面を占め、女風呂はエレベーターで2階に上がる。大掛かりな造りだ。

 リニューアル前の浴室は石造りの楕円形浴槽が2つ並んでいて、浴室の床も石畳だったが、改築後もそれらの石が素晴らしいセンスで浴槽や床に再利用されている。
 源泉浴槽は大人6人サイズと広くなった。35度、薄茶色のなめらか泉で、独特の香りがある。六甲道灘温泉とほぼ同じ泉質ぽく、気泡が体にくっついてくる。「お母さんのお腹の中にいるような不思議な気持ちよさをお楽しみください」との掲示がある。

 メイン浴槽は42度に源泉を加熱したもの。奥にはジャグジー、強水流、電気、強烈うたせ湯などがある。これらの湯は白湯だが、地下水を過熱したもので、備長炭を通って出てくる仕掛けになっている。
 洗い場にはカランも多く、せっけんやシャンプーは六甲道と同様に備え付けなのが嬉しい。
 露天スペースは広くて庭がしつらえられ、岩風呂に加熱温泉が使われている。18度の地下水風呂もある。

 レトロ情緒たっぷりの脱衣場や番台がなくなったのはちょっと残念だが、総合的に考えて満足度は高い。向かいの串かつ「船越」もよい。
(2003.11.15)

このページの頭関西の激渋銭湯ホーム
朝日温泉

神戸市兵庫区永沢町2−3−9 
TEL078-577-1836
【料金】大人340円、サウナ別
【営業時間】早朝6:30〜深夜0:30
【定休日】第2,4水曜


 都心に湧く天然温泉。
 神戸高速鉄道「新開地」駅から南へ徒歩10分、JR高架のそば。
 建物はやや古ぼけたビルで、1階は駐車場とコインランドリー、2階がロビーと脱衣場、3階が風呂場になっている。

 源泉浴槽は2004年に5〜6人サイズに広げられた。31.1度の低張・弱アルカリ単純泉が、すみっこの岩組みからごぼごぼ湧いてくる。透明、かすかに白濁。その適度なひんやり感がたいへん気持ちよろすい。やわらかく体を沈めると、無数の気泡が全身のウブ毛にくっついてくる。

 ほかに循環加熱の温泉浴槽が4つ(ジャグジー、打たせ湯、電気など)と、有馬金泉の高温風呂(46〜7度、これはキク)、スチームサウナ、別料金のサウナ&冷水槽がコンパクトにまとまっている。高温風呂と源泉風呂をかわりばんこに入って、超極楽保証。

 ロビーに軽食コーナーもある。
(2002.8.9)
このページの頭関西の激渋銭湯ホーム
恵美寿湯

明石市貴崎4-6-12 
TEL.078-922-4978 
【料金】大人340円
【営業時間】15:00〜23:00  
【定休日】毎週月曜日


 明石から山陽電車で2つ目の「林崎松江海岸」駅から北へ徒歩数分。
 貴崎団地北側の住宅街で、ややわかりにくいところにある。1960年代から続く銭湯だが、外観は1995年に改築された四角いビル状。

 浴室は、高い天井に湯気抜きのある一般的な銭湯だ。明るい浴室内に、気泡・ジェット・電気など普通の銭湯設備が一通り揃っている。

 2002年秋に掘り当てられた温泉は、2003年3月から露天風呂の2つの浴槽で使用されている。
 鉄分・カルシウム・ナトリウムを多量に含む塩化物泉とのことで、27度台とひんやりした源泉が、7〜8人入れる岩風呂風の浴槽にざんざか掛け流されている。温泉タマゴ臭で、なめらか〜な湯ざわりだがかなりしょっぱく、体を触るとキュパキュパする感じ。
 温泉の供用開始からたった3ヵ月で浴槽タイルや床は析出物がこびりついて真っ赤になっている。インパクトのあるお湯だ。

 その横の加熱槽は、湯の鉄分が酸化して有馬の金泉状態。手を2cm沈めるともう見えなくなる濃い〜オレンジ色だ。でも加熱にしてはちょっとぬるいかも。40度くらい?

 上がって服を着てからも、じわじわと汗が出てくる。さすが食塩泉だ。フロントの若いにいちゃんも感じがよくてグー。
 近くの松江海岸での海水浴帰りに一風呂もよい。
このページの頭関西の激渋銭湯ホーム
浜田温泉

西宮市甲子園浜田町1−27 
TEL 0798-26-7088 
【料金】大人340円 
【営業時間】15:00〜24:00
【定休日】毎週水曜日


 阪神電車久寿川駅から東北に6〜7分歩いたところ。
 玄関口は2004年に改装されて和風になった。内部もフロント式になり、ロッカーなどもすべて新しくなった。

 浴室内は一見、コンパクトに数種類の浴槽が配置された普通の銭湯。だが、広くてつめたーい水風呂と、こちらも広めのサウナ(別料金)が目をひく。そして気泡風呂と座浴風呂に温泉が張られている。薄い黄色の湯。

 特筆すべきは広い露天風呂だ。本格的な日本庭園風に岩を積んで、その間から松やモミジなどの樹木が植栽されている。
 岩の上から源泉がドバドバと流入し、それが3ヵ所の岩の切れ目からザーザーあふれる掛け流し。43.6度、湧出量毎分650リットルと、このあたりの温泉銭湯では最強だ。
 お湯自体は、双葉温泉や尼崎の戎湯などと似たつるんとした感じの湯で、わずかに硫黄臭。

 ナイスな露天風呂と掛け流し量の多さ、そして広くてつめたーい水風呂で、満足度高し。
このページの頭関西の激渋銭湯ホーム
クア武庫川




写真は準備中でございます


西宮市笠屋3-10
【料金】大人340円
【営業時間】15時〜24時
【定休日】毎週木曜日


 阪神武庫川駅から南へ徒歩10分ほど。

 浴室内は普通の銭湯だが、奥の露天風呂が温泉。すごい析出でゴテゴテ、周囲は赤茶色に変色している。かなり熱めの食塩泉がゴボッゴボッと間欠的に湧き出てくる。
 温泉浴槽が狭いのが難点だが、そーとーぬくもる。汗がひきましぇん。
 スチームサウナ、水風呂もあり。
このページの頭関西の激渋銭湯ホーム
蓬莱湯

尼崎市道意町2丁目21−2
【料金】大人340円
【営業時間】15:00〜23:30
【定休日】月曜日


 阪神尼崎センタープール駅から南東に2分ほど。線路の高架より1筋南の通りを歩くと看板があり、細い道を南へ。
 見た目は何の変哲もない下町系銭湯だが、入口のすみに温泉の湯がチョロチョロ出ている。

 フロント式になっているが、脱衣場や浴室はこじんまりしたごく普通の銭湯。ところが中央の主浴槽にはやや薄緑がかった41.8度の温泉が常にじゃんじゃか注ぎ込まれていて、浴槽の端からあふれ出ている。
 浴室中に温泉のいい香りが充満していて、なんとなく温泉場の共同浴場っぽい雰囲気だ。

 奥にはスチームサウナ、電気、水風呂、白湯の各浴槽が並んでいる。
 下町の人気銭湯という感じで、とっても好印象。 
(2004.3.31)
このページの頭関西の激渋銭湯ホーム
戎湯

尼崎市築地本町2-40 
TEL06-6481-5019
【料金】大人340円、サウナ別
【営業時間】10:00〜24:00(平日) 
    7:00〜24:00(土日祝)
【定休日】第2、4木曜日


 阪神尼崎駅から南東へ徒歩数分。43号線をくぐって橋を渡る。じゅうぶんな広さの駐車場を備えている。
 阪神大震災による一帯の液状化で大きな被害を受けたが、2002年4月に広々とした温泉銭湯としてリニューアルオープンした。

 内湯の主浴槽と露天風呂が温泉で、ザーザー掛け流し。泉温は42.6度、ほのかな香りに心が安らぐ。源泉と水風呂が隣り合っていて気持ちいい。
 露天風呂は岩風呂で広く、のびのびと入れる。

 広めの飲食スペースもある。
このページの頭関西の激渋銭湯ホーム