まちと銭湯をもっとよく知る連続プチツアー企画 / あるく・みる・たのしむ・フロ入る! / 主催:ふろいこか〜プロジェクト
関西
 まち歩き&銭湯ツアー
てくてく銭湯
2012年 8/26(日)のツアー
  尼崎
今に生きる昭和風景――杭瀬のなつかし夏休み

郷愁の路地と市場をめぐって、大正築の唐破風銭湯・第一敷島湯へ
無事終了いたしました。ありがとうございました。
当日のようすとアンケート結果はこちら。
路地の辻々に揺れる「ゆ」の暖簾・・・銭湯密集地帯・尼崎の杭瀬(くいせ)をゆく、この夏最後のプチトリップ

大阪府と兵庫県の境目の街、尼崎市杭瀬。かつて全国各地からの工場労働者を迎え入れ、日本の高度成長を支えた商工業のまちとして大いに栄えました。が、その後、尼崎南部の空洞化とともに寂れつつある下町へと変貌・・・。
と思っていたあなた。じつは杭瀬はバリバリ生きています! 6つの商店街と3つの市場が交錯し、徒歩圏内に今も6つの銭湯がひしめく、下町好きにはこたえられないグルメと銭湯の密集地帯なのです。
しかも今回訪れる第一敷島湯は大正期の建物がそのまま保存され、大阪以西では唯一の唐破風を持つ銭湯として、全国の銭湯ファンを集める薪沸かしの名銭湯。今回は同湯の中学生の長男・雅也くんが、生まれ育った杭瀬のまちを案内します。
さあ、大阪のすぐ隣の激渋タウン、杭瀬へタオル1枚持って出かけよう!

   
(左)杭瀬のシンボル・双子像  (中左)から芋だんご  (中右)熊野神社  (右)ヤキトリうまうま

   
(左)ピッチピチのヤッスヤス  (中左)ザ・杭瀬なまちなみ  (中右)冷えてます!  (右)前後6人同時すべり台

   
(左)漫画的狛犬  (中左)最高!とうふドーナツ  (中右)ぬけ道  (右)杭瀬の平和は俺たちが守る

   
(左)スイカ熟れ売れ   (中左)おもろい「どんぐり山」  (中右)親子地蔵  (右)ビバ!杭瀬の市場

杭 瀬 は 銭 湯 天 国 !
     
(左から)共楽湯、栄町温泉、白山湯、住吉温泉、ゆーもあらんど福栄、そして今回訪れる第一敷島湯。すべて徒歩圏内!

■スケジュール

13:30  阪神電車杭瀬駅改札口に集合・出発
14:00  熊野神社と周辺銭湯を経て第一敷島湯へ(内部見学)
14:30  第一敷島湯を出発(荷物を預けて身軽に散策へ)
15:15  杭瀬の路地や団地を抜け、商店街・市場エリアへ(杭瀬中市場で買い食いと休憩)
16:00  第一敷島湯に戻り、入浴後自由解散

【第一敷島湯】
国道2号線のすぐ裏の路地に暖簾をかける、大正13年築の銭湯。地元の根強いファンに支えられ、午後3時から深夜12時まで営業されています。
玄関を飾る唐破風の小屋根にとどまらず、滝が描かれた壁一面のモザイクタイル画をはじめ、円形の主浴槽や脱衣場の格天井、石組みのミニ前栽など、銭湯本来の風情を今に伝えています。ピカピカに磨き上げられた浴室は快適そのもの。杭瀬の宝、尼崎の宝といえる小さな名銭湯です。
鯛の滝登り カランまわりの花柄タイル 風呂猫コナ 女湯脱衣場の富士山 浴室を彩る滝のモザイクタイルと円形浴槽

■参加費 : 1500円(入浴料、マップ、おやつ、保険料込み
 (当日入浴されなかった方には尼崎市浴場組合の共通入浴券をさしあげます)

■定員 : 10名(男女各5名、先着順)

■持ち物 : お風呂道具(タオル、シャンプーなど)。現地販売もあるので手ぶらでもOKです。
■特典:参加者全員に牛乳石鹸(伝統の赤箱)をさしあげます。

■歩きやすい靴、服装でご参加ください。(約2キロ歩きます。コースの約半分はアーケード下)
■雨天決行(コース変更あり。台風等荒天時のみ中止)
■銭湯への到着予定時刻は多少前後することがあります。ご了承ください。

■案内人
黒木雅也(くろき・まさや)

尼崎市杭瀬出身、第一敷島湯の長男。  
中学1年生。鉄道研究部所属。
  松本康治(まつもと・こうじ)

大阪府寝屋川市出身、神戸市在住の編集者。
著書に『関西のレトロ銭湯』(戎光祥出版)など。
ウェブサイト「関西の激渋銭湯」 「神戸の銭湯」主催。

■女性スタッフも同行します。女性の方、銭湯ビギナーの方も安心してご参加ください。

■お申し込みfuroikoka@yahoo.co.jp へ、氏名(フルネーム)、性別、年齢、電話番号をお知らせください。
          折り返し確認メールをお送りします。お問い合わせも上記まで。
          (申し訳ございません。満員御礼で締め切らせていただきました。次回のツアーをお楽しみに! 8/9)
無事終了いたしました。
ご参加いただいたみなさま、第一敷島湯さん、杭瀬の皆さん、ありがとうございました。


   
(左)ゆーもあらんど福栄の爆笑ばあちゃん話  (中左)宮前公園の双子像  (中右)正しい滑り方  (右)白山湯は軟水が自慢

    
(左)杭瀬製、幻のこんにゃくラーメン配布  (中左)たかーい敷島湯の煙突  (中)営業前にお邪魔します  (中右)猫コナ登場  (右)昔の料金表

   
(左)釜場で薪くべ体験  (中左)市場のおからドーナツ試食  (中右)今福公園、だいじなところが…  (右)正しい操縦法

   
(左)杭瀬の最高峰に登頂だ  (中左)おしりで下山  (中右)楽しい店、鹿児島物産  (右)さつま醤油を全員にプレゼント!

   
(左)杭瀬中市場の漬物屋さん  (中左)思いっきり晩飯のおかず購入  (中右)夏ももうすぐ終わりです  (右)準備OK!

 
(左)30分間、自由に買い物&飲食タイム  (右)さあ、お風呂!
参加者アンケート (回収12名)

■今回の催しをどのように知りましたか?
 公式ウェブサイト(9) その他ウェブサイト(0) SNS(ツイッターやFBなど)(0) その他(2)

■本日の催しは楽しめましたか?
 とても楽しめた(11) まあまあ楽しめた(0) ふつう(0) いまいち(0)

■訪れたポイントで印象に残ったのはどこですか?
 ・町全体が古い町並み、銭湯が残っていて、よい雰囲気でした(女)
 ・団地、市場(男)
 ・市場、敷島湯、鹿児島物産店(女)
 ・狭い範囲で銭湯がいっぱいあり、路地の幅と公園の広さ、昔は子どもさんがいっぱいいたんだなあと感じさせる町並み(女)
 ・市場、銭湯(男)
 ・杭瀬市場(男)
 ・中市場
 ・第一敷島湯、市場(男)
 ・杭瀬市場、第一敷島湯のタイル
 ・敷島湯、市場
 ・市場、お地蔵さん

■「関西てくてく銭湯」にまた参加したいと思いますか?
 とても思う(11) まあまあ思う(0) あまり思わない(0) わからない(0)

■ご感想などをお聞かせください

(よかった点)
 ・開店前のお風呂やさんを見学させてもらえて楽しかったです(女)
 ・タイル絵と食べ歩き、風呂の裏側(男)
 ・以前から尼崎に関心があり、来たかったので良かったです(女)
 ・まさや君がガイドだということ。手作りの地図とか、銭湯の未来が明るい。(女)
 ・庶民的なところ(男)
 ・中市場のつまみ食い
 ・地元の方との事前コミュニケーションがよく出来ていた(男)
 ・尼崎にはあまり縁がなく、訪れる機会もなかったが、とても魅力的な街で、また来たいと思いました。
 ・ふだん一人では行かない所が見られたり、地元の方のお話が聞ける点。まさやくんのおかげで童心に戻れました。

(悪かった点)
 ・特になし
 ・外歩きが暑かった。
 ・特になし
 ・とくになし
てくてく銭湯トップふろいこか〜プロジェクト