関西てくてく銭湯・スピンオフ企画 / 主催:ふろいこか~プロジェクト
  関西各地に現存する
貴重なレトロ銭湯へ出かけよう!


日本の庶民文化が凝縮された癒しの場、銭湯。
しかし文化遺産であるこれら昔ながらの銭湯は、猛烈な勢いで姿を消しています。
私たちが失いつつある伝統的な銭湯とはどんなところなのか。なんとか未来に残せないのか……。

「関西のレトロ銭湯」(2009年)と「レトロ銭湯へようこそ 関西版」(2015年)で紹介された、関西を代表する伝統的な銭湯へ、著者・松本康治がご案内する入浴体験付きツアーシリーズです。
銭湯周辺のまち歩きとともに、銭湯世界の深みへすべりこむ小さな旅を楽しみましょう。

 
第4弾 : 2016年 5/14(土)
芋松温泉――京都路地奥・絶品の秘湯
芋松温泉が京都で一番好き! ……そんなふうに言う銭湯通に何人も会いました。
サウナなどの設備があるわけでも、目を引くタイル絵があるわけでもありません。なのに人はなぜ芋松温泉が好きになってしまうのでしょうか? ぜひ、みなさんご自身の目で確かめて、いや、体で感じてみてください。
そして芋松温泉界隈、壬生から西ノ京への路地裏にも知られざる京の秘密がひっそりと息づいています。
風薫る都をそぞろ歩き、路地奥の隠れ風呂屋で天然水100%の湯を満喫しましょう。
(芋松温泉は「レトロ銭湯へようこそ 関西版」に掲載されています)

終了しました。ツアー後の参加者アンケート結果はこちら

(左)この風情がたまらない  (右)日本一とも言われる水風呂
 
(左)お湯は鯉の口から  (右)永遠に続いてほしい湯上がり時間

 見た瞬間ため息が出そうな芋松温泉の雄姿

壬生~西ノ京のまちあるきも楽しい!

(左)さいの河原で… (中左)あそこにも隠れ風呂が (中右)ゴトゴト横切っていきます (右)激渋とうふ

(左)これが大人気 (中左)かつてここが… (中右)にらみをきかす鍾馗さん (右)文化財的な医院

■スケジュール

13:30 阪急京都線・西院駅を出発 (10分前に集合してください)
14:00 芋松温泉の内部を営業前に見学
14:30 いったん芋松温泉を出て界隈散策へ
15:30 芋松温泉へ戻って入浴(入浴後自由解散)

17:00 (自由参加)近くの飲食店で懇親会

■参加費 : 1800円(入浴料、おやつ代、マップ代、保険料等込)

■定員 : 10名(男女各5名)

■持ち物 : お風呂道具(タオル、石鹸など)。現地販売もあるので手ぶらでもOKです。
      ※芋松温泉は番台式の伝統的な銭湯です。番台にはほがらかなおかみさんが座っています。

■歩きやすい靴でお越しください(約2km歩きます)。
■浴室見学では足の裏が濡れますので、脱ぎやすい靴下でご参加ください。
■少々の雨でも決行します。荒天時は当日朝に中止の判断をし参加者に連絡します。
■銭湯への到着時刻は多少前後することがあります。ご了承ください。

■案内人:松本康治(まつもと こうじ)
大阪府出身、神戸市在住の編集者。
著書に『レトロ銭湯へようこそ 関西版』(戎光祥出版)ほか。
ウェブサイト「関西の激渋銭湯」 など主宰。

■当ツアーは「関西てくてく銭湯」のスピンオフ企画であり、関西てくてく銭湯の本コースではありません。
★お申し込みは・・・
furoikoka@yahoo.co.jp
参加ご希望者の氏名(フルネーム)、性別、年齢、電話番号を上記アドレスへお知らせください。
折り返し確認メールをお送りします。お問い合わせも上記まで。
(複数のツアーを同時に申し込まれる場合は、お手数ですが別々のメールでお送りください)
ご注意:確認メールはパソコンから送信します。スマホやケータイからお申し込みの方は、パソコンからのメールをはじく設定にされている場合があります。ご自身のスマホ・ケータイの設定をご確認ください。
お申し込みメール送信後3日経ってもこちらからの確認メールが届かない場合は、上記メール設定による送受信の不具合の可能性が高いです。メール送受信の設定を変更するか、別のアドレスからお申し込みください。
 
無事終了しました。参加者のみなさん、芋松温泉さん、壬生~西ノ京のみなさん、ありがとうございました。

★ツアー後のアンケート結果
(回収10名)

■あなたの年齢
 10歳代(0) 20歳代(0) 30歳代(2) 40歳代(5) 50歳代(2) 60歳代(0) 記載なし(1)

■当イベントを知ったきっかけ
 公式サイト(7)  他のサイト(0)  フェイスブック(0)  
 ツイッター(0)  知人からの紹介(2)  その他(1)

■楽しかったですか?
とても(10)  まあまあ(0)  ふつう(0)  いまいち(0)  つまらない(0)

■気に入った場所、印象に残った場所は?
・芋松温泉、海野製パン所、とうふ屋さん、月光稲荷
・豆腐屋さん(睡眠4時間)
・レトロだけどきれいで快適な芋松温泉。気さくでにこやかなご主人とおかみさんのお人柄も最高でした。
・西院界隈、久々の天狗堂パン
・芋松温泉、お稲荷さん。貴重なお話が聞けて楽しかったです。
・豆腐屋の豆乳とおじさん、パン屋のご夫婦…どちらもすごく人当たりがよくて、この町に来たいい思い出になります。
・昼間の芋松温泉は初めてだったのでとても喜んでいます。湯上り後の脱衣場も最高です。
・温泉、とうふ、子午線と伊能忠敬
・豆腐屋さん、パン店
・とうふ屋さんのラッパの音

■お風呂はいかがでしたか?
・水風呂、最高でした。
・熱めの湯船に浸かった後、水風呂にしばらく浸かると、体の中が浄化されるような感じで、とても気持ち良かったです。また来ます。
・水風呂は気配りして作られている(ことに気づかされた)。掃除もきれいにされ気持ちいい。
・やはり最高でした。
・水風呂から水がザバーッとおふれる爽快感! ご主人と奥さんの人柄がお風呂をよりいっそう気持ちよくしてくれました。
・水がとってもいいです。
・湯かげんがちょうど良く、冷え冷えの水風呂が気持ち良かったです。
・水風呂が良かった。
・水風呂と深風呂の往復でトロけました。

■ガイドに満足できましたか? 改善点などあればお聞かせください。
・満足です。
・満足した。
・大満足です。地理・歴史に関するお話、いつもながら興味深く拝聴しました。
・よかったです。
・普段なかなか歩くことのない町をめぐって話が聞けて楽しかったです。
・話をもう少し短めでもいいかも…歴史ネタは楽しいけれど暑い時はちと辛ひ。
・車の往来がままある場所で人だまりになるのが少し気になりました。
・松本さんのつっこみを林さんがギリギリでかわしていた。全般通して面白かった。地図への情熱が感じられた。
・歴史や伊能忠敬の話が聞け有意義でした。
・満足。

■ふだん銭湯(スーパー銭湯でない)へは?
今日が初めて(0)  数年ぶり(0)  年に数回(4)  月に数回(2) 
週に1~2回(1)  週に3~4回(2)  ほぼ毎日(1)

■西院~壬生周辺へ来たらまた芋松温泉でお風呂に入りたいですか?
ぜひ入りたい(9)  入るかもしれない(1)  たぶん入らない(0)

■その他、ご感想やご意見、改善点などがあればお聞かせください。
・季節的にも暑くなる前でちょどいいですね。真夏の京だとしんどいかも。
・休憩ポイント等も考えられていて良かった。夏場に近づいてきているので、意図的な水分補給(豆乳)もあり良好。
・この時期にしては暑い日だったので若干疲れを感じました。途中に座って休めるポイントがあればなと思いました。
・いつも楽しい時間をありがとうございます。
・町歩きの途中に住民の方に、家の前を通るなんてと怒られてしまいました。歩く道も、もう少し考えたほうがいいかも…
・今日は暑かったので少々疲れました。
てくてく銭湯トップふろいこか~プロジェクト