関西てくてく銭湯・スピンオフ企画 / 主催:ふろいこか~プロジェクト
  関西各地に現存する
貴重なレトロ銭湯へ出かけよう!


日本の庶民文化が凝縮された癒しの場、銭湯。
しかし文化遺産であるこれら昔ながらの銭湯は、猛烈な勢いで姿を消しています。
私たちが失いつつある伝統的な銭湯とはどんな存在なのか。なんとか未来に残せないのか……。

「関西のレトロ銭湯」(2009年)と「レトロ銭湯へようこそ 関西版」(2015年)で紹介された、関西を代表する伝統的な銭湯へ、著者・松本康治がご案内する入浴体験付きツアーシリーズです。
銭湯周辺のまち歩きとともに、銭湯世界の深みへすべりこむ小さな旅を楽しみましょう。

 
第15弾 : 2017年 12/2(土)
【てくてく銭湯初! ハイキングツアー】
扇湯 ――岩屋の奥の謎エリア・開鏡山へ

ふしぎな山のパワーを浴びよう――廃業危機から復活した淡路島の古銭湯で極楽3倍増!


映画「あったまら銭湯(予告編youtube)」の舞台となった淡路島・岩屋のレトロ銭湯、扇湯。日本唯一、みんなで囲むドーナツ構造の湯船が大きな特徴です。
今回は
「まち歩き」ではなく「山歩き」、といってもスニーカーでも登れる程度。岩屋の奥にこんな別天地があったのか!と声を上げたくなる、その名もふしぎな「開鏡(かいきょう)」の観音寺へ往復6kmほどのハイキングです。
歩いた後は、風呂の極楽度が3倍増!

扇湯のある淡路島・岩屋へは
明石からジェット船でわずか13分。ディープな漁師町のたたずまいや、明石の「魚の棚(うおんたな)」での買い出し(山の弁当用オカズ)も楽しめます。
風呂上がりは、岩屋の名物店「焼肉大将」で淡路牛でもいっときましょう!(自由参加)
いつものツアーとちょっと趣向を変え、いい汗かいてすがすがしい気分で銭湯旅を楽しみます。

(扇湯は「レトロ銭湯へようこそ 関西版」に掲載されています)

終了しました。ツアー終了後のアンケート結果はこちら。


関西随一のふしぎ銭湯、扇湯

(左)明石「魚の棚」で買い出し (右)世界一の橋をくぐって

(左)日本唯一! ドーナツ湯船  (右)淡路島スイーツ

開鏡山――岩屋の奥の聖なるパワースポットへ

(左)幻想的な竹林の尾根 (中)一か所だけ女人結界あり(女性の方ゴメンナサイ!) (右)もののけ姫の世界です


(左)うっとりするほど美しい開鏡観音寺 (中左)観音寺の番人 (中右)山上の別天地 (右)下りは渓谷

ふしぎ港・岩屋も楽しい!

(左)あやしい岩樟神社 (中)日本で最初にできた”おのころ島”こと絵島 (右)岩屋名物みやげも買えるヨ!


■スケジュール

11:00 明石駅出発(10分前にお集まりください)
11:10 魚の棚(山で食べる弁当の買い出しタイム)
11:40 明石港からジェノバライン乗船
11:55 岩屋港着
12:35 絵島等を経由して扇湯へ(営業前内部見学)
13:00 荷物を預けて扇湯を出発、鳥の山展望台から開鏡山へ(途中で弁当)
14:30 三宝荒神から観音寺
15:00 下山開始
16:30 扇湯着(入浴後自由解散)

17:15 (自由参加)焼肉大将で懇親会

■参加費 :2800円(ジェノバライン往復運賃、入浴料、マップ代、おやつ代、保険料込)

■定員 : 12名(男女各6名)

■持ち物 : お風呂道具(タオル、石鹸など)

■開鏡山は海抜200メートルの低山です。
■トレッキングシューズ、スニーカーなど、未舗装路を歩きやすい靴でお越しください(約7km歩きます)。
■登りは汗をかきますが立ち止まると寒いので、前開きなど着脱しやすい服装で。タートルネックセーターは不向き。
■ジーンズよりも、伸縮性のあるパンツ・ジャージ等が適しています。
■耳や手先が冷えますので、ニット帽や手袋ご持参ください。
■雨天中止。その場合は当日朝8時の予報で判断し参加者にメール連絡します。
■銭湯への到着時刻は多少前後することがあります。ご了承ください。
■扇湯に入浴するツアーは2016年10月2017年6月にも行なわれました(内容は異なります)。そのときの参加者アンケートもご参考に。

■案内人:松本康治(まつもと こうじ)
大阪府出身、神戸市在住の編集者。
著書に『レトロ銭湯へようこそ 関西版』(戎光祥出版)ほか。
ウェブサイト「関西の激渋銭湯」 など主宰。

レトロ銭湯へようこそfacebookページ

■当ツアーは「関西てくてく銭湯」のスピンオフ企画であり、関西てくてく銭湯の本コースではありません。
★お申し込みは・・・

furoikoka@yahoo.co.jp
参加ご希望者の氏名(フルネーム)、性別、年齢、電話番号を上記アドレスへお知らせください。
(同時募集のツアーもありますので、「12/2扇湯」とお書き添えください)
折り返し確認メールをお送りします。お問い合わせも上記まで。
(複数のツアーにお申し込みの方は、お手数ですが別々のメールでお申し込みください)

ご注意:確認メールはパソコンから送信します。スマホやケータイからお申し込みの方は、パソコンからのメールをはじく設定にされている場合があります。ご自身のスマホ・ケータイの設定をご確認ください。
お申し込みメール送信後3日経ってもこちらからの確認メールが届かない場合は、上記メール設定による送受信の不具合の可能性が高いです。メール送受信の設定を変更するか、別のアドレスからお申し込みください。
JR「明石」駅へのアクセス(ツアー集合時刻直近の電車時刻)

【大阪から】
(速い行き方、37分、片道920円)

大阪 10:00(JR神戸線新快速)→10:37 明石
(安い行き方、1時間2分、阪神・明石市内1dayチケット1500円)
阪神梅田 9:40(直通特急)→10:42 山陽明石

【姫路から】(23分、片道670円)
姫路 10:27(JR新快速)→10:50 明石

無事終了しました。
参加者のみなさん、扇湯さん、岩屋のみなさん、ありがとうございました。


★ツアー後のアンケート結果
(回収4名)

■あなたの年齢
 10歳代(0) 20歳代(1) 30歳代(0) 40歳代(2) 50歳代(1) 60歳代(0)

■当イベントを知ったきっかけ
 公式サイト(3)  他のサイト(0)  フェイスブック(0)  
 ツイッター(0)  知人からの紹介(1)  その他(0)

■楽しかったですか?
とても(4)  まあまあ(1)  ふつう(0)  いまいち(0)  つまらない(0)

■気に入った場所、印象に残った場所は?
・展望台
・紅葉の道
・岩屋のまちなみ、開鏡山。
・開鏡山。歩きやすい道でのんびり山歩きを楽しめました。

■お風呂はいかがでしたか?
・Good! 熱めのお湯が良かったです。地元のお父さんとお話しできたのも面白かったです。
・よいふろでした。
・ドーナツ槽の湯。熱すぎて入りにくかった。

■ガイドに満足できましたか? 改善点などあればお聞かせください。
・満足しました。川について調べてみたいです。なぜ、水量が減るのか。
・とても。
・満足。
・はい! 面白い話がたくさん聞けました。

■ふだん銭湯(スーパー銭湯でない)へは?
今日が初めて(0)  数年ぶり(0)  年に数回(0)  月に数回(1) 
週に1~2回(2)  週に3~4回(1)  ほぼ毎日(0)

■また岩屋と扇湯に来てみたいですか?
ぜひ来たい(4)  来るかもしれない(1)  たぶん来ない(0)

■その他、ご意見・ご要望などがあればお聞かせください。
・また参加します!
・ハイキングツアーも楽しいですね。
てくてく銭湯トップふろいこか~プロジェクト