ご意見・ご感想はこちらホーム

   編骨日誌
  (下へ行くほど日付が古くなります)
白浜温泉を応援しよう東北で今すぐ風呂に入れる緊急情報ネコマタの滝に挑戦しよう

2012.4.30(月) リゾート

 まいはーい。まっちゃんです。
 2日連続で実施した潮干狩り&白浜温泉ツアーは無事に終了した。

 募集期間が1週間くらいしかなかったせいか、参加者はいつものてくてく銭湯(15人以上が連なって歩く)の半分ほどだったけど、おかげでたいへん気楽にユル〜ク楽しめた。本当はこれくらいが適正人数なんかも。
 まあ、てくてくと言いながらも歩く時間の3倍くらいは海の家でビール飲んで過ごした。

 ここで半日×2日

 ところで世間様じゃ黄金週間ということで、みんな真面目に働いてないみたいなので、俺も明日からダラッと出かけることにした。

臨時休業のお知らせ

2012年5月1日(火)〜6日(日)の6日間、臨時休業いたします。
この間にいただいたご注文につきましては、
5月7日(月)にご確認メールを送信し、同日発送いたします。
到着はその翌日か翌々日になる見込みです。
ご了承ください。

 ちゅーことで皆の衆、よきGWを!

最新の日誌ホーム戻


2012.4.27(金) 超晴天

 まいはーい。まっちゃんです。
 雨降りの夜が明けて外に出たら、完全日本晴れ! しかも夕べの雨が空気中の黄砂や春霞を洗い流してくれたようで、もー空が青いのなんの。
 あまりの気持ちよさに思わず朝の9時から更新だ。

 ところで昨日の夕方の関西テレビ「スーパーニュースアンカー」で姫路の白浜温泉のことが放送され、またもや俺様の裸体が公共の電波に乗ってしまった。
 と同時に、昨日は「ふろいこか〜ラジオ」のオンエア日。今回は2周年記念ということで、なんとハワイでの収録だ!
 いや〜ハワイ最高。いつもの3人のしゃべりも南国のゆるい空気のせいか、われながら笑える。ぜひお聞きください。

 明日から黄金週間ということで、こんなに天気がいいとまたハワイにでも行きたくなるが、今からはちょっと難しい。それに昨日パスポートを見てみたら、有効期限がギリギリ切れとったわ、ははは。

 ま、ハワイには行けなくても、姫路の白浜になら行けるからね、みなさん。明日、あさっては潮干狩り&白浜温泉ツアーだよ!
 今回は募集期間が短かったので、それぞれ当日の朝7時まで受付します。明日のお申し込みはこちら、あさってのお申し込みはこちらへ
 超晴天の遠浅ビーチで、貝を掘ったりビールを飲んだり姫路おでんを食ったりしながら、のんびり過ごそうじゃありませんか。

 鳥取県湯梨浜町の寿湯を「激渋銭湯」にあげといた。正味激渋。

 もう藤が満開!

最新の日誌ホーム戻


2012.4.25(水) 名物3本立て

 まいはーい。まっちゃんです。
 ぬくぬくですがな。Tシャツ1枚で深夜の徘徊、絶賛実施中。

 そして中国サンタさんからのプレゼントが空から降ってくる季節にもなったのね。

 きのうの山陽電車から、明石海峡大橋

 こらっ、淡路島を返せ!

 で山陽電車に乗って西へ向かっているというのは、例によって姫路の白浜温泉。きのうは関西テレビの取材だった。俺はまたもやウサギちゃんの如く入浴インタビューを撮影されまくり。
 いつどの番組に出るのかは恥ずかしいから教えてあーげないっと。

 ところでその姫路の白浜、ここは「灘のけんか祭り」が有名なんだけども、それ以外にもいろいろと見どころや名物店があるんよね。
 たとえばこれ。



 駅からすぐ近くの「澤田店(さわだみせ)」という店の名物、姫路おでん。こてこて濃厚で、ビールがうまいのなんの。

 
(左)外観も渋いが   (右)中も渋い

 しょうが醤油をかけて食べるのが姫路流

 それから、このお菓子もなかなかの名物。

 ウマイ!

 白浜温泉から徒歩3分の和菓子屋「宝橘(ほうきつ)」の、かりんとう万十(まんじゅう)。
 かりんとうまんじゅうは最近あちこちで見るけど、「うちが最初です」(宝橘さん談)。

 
(左)地味な場所にあるけど本店   (右)四季おりおりの和菓子が楽しい

 そして最近の注目株がこれ。

 すじこんチャンポン焼き

 白浜温泉から徒歩5分、「かずちゃん」というお好み焼き・鉄板焼きの店だが、このすじこんチャンポン焼きをひっさげて、B-1グランプリやイケ麺グランプリに姫路代表として堂々出場している。
 テレビの「秘密のケンミンshow」にも出たっちゅーウワサ。

 こちらも地味な場所

 せっかくなので、今週末の土日に行なう「潮干狩り&白浜温泉ツアー」では、これら3つの店にも寄ることにした。
 最初に澤田店を覗いて各自が食べたい姫路おでんを注文し、あとで海岸まで出前してもらう。それから白浜のみどころを少し歩きつつ宝橘に行ってオミヤゲを物色する。
 その後いったん白浜温泉にチェックイン。釜場や内部を見学し、荷物を置かせてもらって、手ぶらでいよいよ潮干狩りの海岸へ。このとき、おかみさんが自ら握っておにぎりを持たせてくださるという涙のサービスつきだ。

 ここ掘れ貝貝ざっくざく〜♪

 海でだら〜っと貝を掘ったり海の家で昼寝したりして、小腹が減ったかなという頃に、さっきの姫路おでんの出前が届く。もうビールがしみてタマランね。
 夕方ごろには海から白浜温泉へ戻って、100%薪沸かしの竹炭風呂で超極楽を堪能。

 ツアーとしてはそのまま自由解散だが、希望者の自由参加オプションとして、かずちゃんでの懇親会が待っている。
 かずちゃんではお好み焼きやすじこんチャンポン焼きだけでなく、毎日近くの妻鹿漁港から仕入れている新鮮な魚介類も食べられる。
 風呂上りにはもうどれを食ってもたまりません。

 というわけでみなさん、土日は幸い好天の予報です。
 ご予定のまだ入ってない方、姫路の白浜へ行こうではありませんか。
 毎日新聞さんも書いてくださいました。

最新の日誌ホーム戻


2012.4.23(月) 隣国悪魔

 まいはーい。まっちゃんです。
 ああいつの間にか冷麺の季節になってしまったよ。
 焼肉にビールもたまらない季節になってしまったんだよ。

 

 でも俺は去年痛風になったもんだからビールは控えめにしようと思ってるんだよ。
 だからどうしてもビールを飲みたくなる韓国料理は我慢して、次の日は中華料理にしたんだよ。

 

 やっぱりビールを頼まずにいるのは無理だったんだよ。
 でも1本だけならまあいいか、とポジティブに考えて飲み干したところへ、これが来たんだよ。



 そういうわけで俺は今年もきっと痛風になるんだよ。

 松原市の常盤温泉を「激渋銭湯」にあげといた。

最新の日誌ホーム戻


2012.4.20(金) 夏を先取り

 まいはーい。まっちゃんです。
 もうじきGWでんがな。お出かけ先は決めはりました?

 どっか行きたいけどまだ決めてへん、そろそろ・・・とお考えの方。
 朗報です。
 先月来、テレビだ新聞だと世間を賑わせてまいりました姫路の白浜温泉に、ついに行く日が来たのですと言わねばなりますまい。

 というのも白浜というところはじつを申しますと潮干狩りの名所なのですね。
 GWといえば潮干狩り、潮干狩りといえば姫路の白浜と、今を去ること四百年あまり関ヶ原の合戦の頃より司法立法行政において火を見るよりも明らかに高らかに大らかにそして遥か天空へ届けとばかりに大音量で謳い上げられておるわけなのでございます。
 そして驚いたことに、その浜辺から歩いて5〜6分のところにあるのが白浜温泉なのでござります。

 運命というやつでしょうか。

 考えてもごらんなさい。あたり一面、遠浅の砂浜です。そこに貝がいる。掘れば出る。蟹もいるのでついでにたわむれる。おたわむれを。よいではないか。いけませぬ。よいではないか。あーれー。そのようなことをしているうちに足元は潮に濡れ、砂にまみれ、胸は汗ばみ、頬は潮風に吹かれするうちに、絶好の嗚呼いますぐ風呂に入りてい体質が完膚なきまでに熟成されるのでございます。
 いわゆる、できあがる、というやつでしょうか。

 そこにある。
 話題の白浜温泉が。
 日本で唯一のアーガイル柄のタイル床が。
 竹炭を投入し薪で沸かした極楽風呂が。

 かくいうワタクシも初めて白浜温泉を訪れたのは、白浜海岸での潮干狩りの帰りでございました。
 海で遊んだあとの銭湯、これに勝る快楽享楽極楽はこの世あの世どの世にも存在せぬと言わねばなりませぬ。

 というわけでこれを読んでしまったあなた。
 ここを見るのがあなたの運命です。

 出撃準備完了!

最新の日誌ホーム戻


2012.4.18(水) 羅列

 まいはーい。まっちゃんです。
 もーぬっくぬく。新しいオモチャを手にした俺の心もポッカポカのウッキウキ。
 脈絡なく何でも撮りたくなっちゃうわね、おほほ。

 鴨川

 京阪電車の優先席

 だしまき

 近所の教会

 オノカウソエ(ミャンマーラーメン)

 疎水の花びら

 ぼっかけコロッケ

 商店街の桜

 刺身豆腐

 スマヌ・・・こういう無意味な羅列はこれで最後にする。

 大阪市東住吉区の昭和湯を「激渋銭湯」にあげといた。これはケータイ写真。

最新の日誌ホーム戻


2012.4.16(月) 深夜の興奮

 まいはーい。まっちゃんです。
 壊れてばかりの一眼レフを下取りに出して、新しいコンデジを買った。わはは、ざまーみろっちゅーの。
 そしたらまあ、日本は停滞してるとか閉塞感とか言いながらも、けっこうすごいことになっとるやないの。

 これまで銭湯マニアというものは、日が暮れてくると思わず煙突を探して駆け足になる習性があった。
 言うまでもなく、明るいうちに銭湯の建物外観の写真を撮りたいがためである。
 しかしこの新型カメラを手にした俺には、もうその必要はない。日が暮れようが皆既日食になろうが、へーきのへーざだ。
 だって真夜中にフラッシュなしで、この通りでんがな大将。

 近所の家々

 写りますねん。真夜中で肉眼では見えんような建物の上部までフツーに写りますねん。
 お花なんか狙った日にゃあもうエライこってっせだんさん。

 近所のプランター

 近所の桜

 すべてオート設定、フラッシュなし。
 そして驚くべきことにカメラの重さは200グラムに満たない。ということは肉屋で「おっちゃん豚バラ肉200グラムちょうだい」と言って買った豚バラ肉よりもこのカメラのほうが少し軽いということを意味する。もしもそのときおっちゃんが「ちょっとサービスしといたるわな」と豚バラ肉を多めにしてくれた場合はそれよりもだいぶ軽いということを意味することになる。

 返せよ。重いわりにどんくさい一眼レフを必死にフキフキしながら銭湯の浴室でシャッター押し続けた俺の日々を返してくれ。凍りついた山で重い一眼レフを岩にぶつけないよう細心の注意を払っていたらうっかり自分が岩から落ちそうになって死にかけた俺の悲しい中年の日々を返しやがれ。

 10日ほど前に行った鳥取の宝温泉を「激渋銭湯」にあげといた。これは一眼。

最新の日誌ホーム戻


2012.4.15(日) 花の命

 まいはーい。まっちゃんです。
 なんやなんや、やっと春が来たと思ったら、もう桜が散ってしもうとるがな!
 今日ちょっと山を歩いたら、アブやら蚊やら小さな虫がいっぱい飛んでるし。

 ウカウカしてたら人生終わってしまいよるな。

 垂水区の鶴乃湯を「神戸の銭湯」にあげといた。

 ケータイ写真、夜でもこんなに写るのね(ドウダンツツジ)

最新の日誌ホーム戻


2012.4.11(水) カメラ

 じめらますて。まっちゃんです。
 雨やけど、もう寒くないねー。上着なしで出歩けるってラクやなぁ。

 先月に引き続きまた一眼レフがおかしくなったので(シャッターが下りなくなった)、梅田のニコンプラザに持っていった。そしたら今度は本体修理のため、1万いくらかかるという。
 アホらしくなって、「考えます」と言ってそのまま持ち帰った。
 もうこのカメラとはオサラバするか。これしかないから重いのをエッコラ持ち歩いて使ってたけど、今はもっといいコンデジがいくらでも安く出ているみたいだし。

 ケータイの画質もよくなったなあ…(岡本駅前の木蓮)

 ところで、今日の毎日新聞兵庫版の「この人に聞く」という欄に、俺へのインタビュー記事が掲載された。例によって銭湯ネタ。
 紙面の俺の顔写真は、まるで在りし日の赤塚不二夫と化していた。
 俺、人相変わってきたんかな。

 4月1日にやった白浜温泉のタイル補修作業のようすをここにあげといた

最新の日誌ホーム戻


2012.4.9(月) 到来

 まいはーい。まっちゃんです。
 週末の旅行では夜中に最低気温2度まで冷え込み、少し積もるほどの雪まで降ってビビったよ。

 旅先で飲み歩き中の光景

 でも帰る頃には気候が一変して、汗ばむほどの春らんまんやないの。
 調子に乗って今年の初アイスを食った。3つほど。寝る前には韓国冷麺とマッコリで締めた。
 そしたら今朝は下痢で目が覚めた。おほほ、俺ってアホね〜。

 これがうまい! あと「梨シャーベット」と「しょうゆアイス」食った

 今年はずいぶん待たされたような感じがするが、今度こそ本当の春のようなケハイだな。もう夜中でも寒くないぞ。
 もう1時過ぎてるけど、今から缶チューハイ持って近所の桜守公園にちょっと行ってこよーっと。
 下痢しない程度に、ちょっとだけ・・・。

 高砂市の高砂湯を「激渋銭湯」にあげといた。

最新の日誌ホーム戻


2012.4.6(金) 花冷え?

 ぶるっぽふ。まっちゃんです。
 咲き始めの桜もとまどう冷え込みだけど、どないなっとんのか。

 いま午前9時前、これから18きっぷでちょっとお出かけね。日曜日には戻る予定。

 長田区の本庄湯とゆぇ〜ぶ名倉を「神戸の銭湯」にあげといた。これで長田区も出揃って、あとは垂水区の数軒を残すのみとなった。

最新の日誌ホーム戻


2012.4.2(月) 愛されキャラ対決

 まいはーい。まっちゃんです。
 ついに桜がほころび始めましたな〜。

 昨日は銭湯ファン5人が集まって姫路の白浜温泉でタイル補修作業をした。
 白浜温泉は日本で唯一の貴重なアーガイル模様の床が名物だが、タイルはどうしても長年のうちに割れたりはがれたりしてくる。でも予備タイルがもうないため、別のタイルで補修されてせっかくの模様が損なわれている部分がところどころにあった。
 ところが、おかみさんが倉庫をよく探したら、なんとそれが発見されたらしい。
 さっそく昨日はそれで女湯のアーガイル復元に取り組んだ。

 
(左)だいぶ復元したぞ!  (右)男湯主浴槽の目地も入れた

 前回に比べたら白セメントの扱いにも少しは慣れ、作業もはかどって充実した。
 そのかわり今日は筋肉痛および腰痛だ。

 話は変わって去年の年末ごろのこと。
 新聞か何かで各地の「ゆるキャラ」の記事を見ながら、「どれも似た感じやなー」というような話をガキどもとしていたら、そのときの流れでなんとなく、
 「では愛されるオリジナルキャラを3人それぞれ考えて、どれがいちばん愛されるキャラか勝負しようではなないか」
 ということになった。
 だが3人とも中途半端に描いたところで仕上げに至らないまま冬休みは終わってしまい、やがて3学期も終わって、ガキどもは春休みに入った。

 で先週の金曜日の夜、晩飯を食いながら俺はそのことをふいに思い出した。
 「そや、キャラ勝負を忘れてた。では今夜がついに決戦のときや」
 ということで食後1時間かけて、まりも(14歳)丘(18歳)と俺(49歳)は各キャラを完成させた。

まりも作キャラクター
「シベリア寒気団」

冬将軍とその仲間たち。
冬を引き連れてやって来る。
丘作キャラクター
「ブックシー」

図書館の本の隙間などにいる。
本を探している人が近くに来たら
その本をこっそり棚から落とす。
俺様作キャラクター
「風のタービィ」

必要なものはすべて体(リュック)の中にある。
四次元ポケットつき。魔法ペットボトルでエネルギー補給。
1本歯の下駄で無限ジャンプ。

 オリジナリティと洗練度の点で丘の作品が高評価を得た。
 ユニークさの点では、まりものイモムシトナカイに注目が集まった。
 俺の作品は残念ながら「いろいろパクリがある」として選外だった。

最新の日誌ホーム戻


過去の日誌も読めます

2012年 3月2月1月
2011年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2007年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2006年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2005年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2004年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

最新の日誌へご意見・ご感想はこちらホーム