ご意見・ご感想はこちらホーム

   編骨日誌
  (下へ行くほど日付が古くなります)
白浜温泉を応援しよう東北で今すぐ風呂に入れる緊急情報ネコマタの滝に挑戦しよう

2013.1.27(日) 雪の日に食べるもの

 ぶるっぽふ。まっちゃんです。
 雪の降る寒い夜だ。

 こんなときはどう過ごすか。
 やはりペチカか。
 雪の降る夜は楽しいペチカ。ペチカ燃えろよお話しましょ。

 だが肝心のペチカが手元にない。
 ていうかペチカて何?

 仕方がないので、こういう時は何かあったかいものをお腹に入れるのがよいだろう。腹が減るとよけい寒さが身にしみるので、しっかりと食う。
 とりあえず豚汁はどうか。



 いや、むしろ粕汁のほうがあったまるかも。



 そして、こんなに寒くて戸外を歩くのが辛い時ほど、ふだんの料理をちょっとひとひねりしてみたりして屋内時間を充実させるべきだろう。
 たとえば鶏モモ肉を鉄板で味噌焼きにしてみたりするのはどうか。



 野菜もしっかりとらなくちゃね。寒い日はサラダよりも炊き合わせで楽しもう。



 体がぬくもったら、めったに食わない系で精をつけるのもよいだろう。
 鹿肉の刺身なんかどう?



 以上、週末の居酒屋メニューであった。
 あとは銭湯で徹底的にぬくもって酒飲んで寝たら完璧だ。

最新の日誌ホーム戻


2013.1.25(金) 奈良

 まいはーい。まっちゃんです。
 奈良で1泊した。きのうは春みたいにぬくぬく、今日は風が冷たかったけど気持ちの良い晴天だった。

 平日の二月堂、人いねー!

 優雅に天極堂で葛湯など

 でも夜にビール日本酒焼酎ラムと飲みすぎたせいか、先日来潜伏してる様子があった風邪ウイルスの動きが活発化のケハイ。
 はよ寝よ。

 あ、そういや1/6のてくてく銭湯・新春特別ツアーの当日写真とアンケート集計を数日前にアップした。

最新の日誌ホーム戻


2013.1.23(水) 赤富士

 まいはーい。まっちゃんです。
 なんやしらん、何やってんのかわからんうちに日々が過ぎてゆくのぉ。

 あちこちウロウロしてるわりに、これと言って特にないかもしれん。メシ食って風呂入ってビール飲んで寝てるだけっちゃー、メシ食って風呂入ってビール飲んで寝てるだけ。

 仕方がないから富士山の写真でも載せておこうかな。

 俺はこの正月の旅行で、初めて身延線というローカル線の鈍行列車を利用した。富士から甲府。そのとき富士宮という街を通ったが、車窓からこんな富士山が見えた。



 雲に覆われているが、赤い富士山はデカイだけになかなかの迫力だった。

最新の日誌ホーム戻


2013.1.17(木) 震災の日

 まいはーい。まっちゃんです。
 18年前の今日、阪神大震災があった。一夜にして、すべてが一変した日だった。

 一昨日の朝日新聞に、俺が住む東灘区のときわ湯が震災関連記事で大きく紹介された。
 ときわ湯は地震で崩れ落ちたが、周囲の要望ですぐに立体駐車場を改造して仮設風呂を作り、地域の被災者らを支え続けてきた。
 仮設の風呂なので耐用年数は5年といわれたが、そのままの姿でとうとう18年目を迎えた。
 奇跡の震災遺産だ。

 記事はちょっとホロリとさせられる、いい内容だった。
 さっそく昨日、今年の初ときわ湯を楽しんできた。ご主人に聞くと、朝日の女性記者は去年の10月から何度も入りに来てこの記事を書いたらしい。

 
(左)朝日の記事   (右)トタン作りのときわ湯

 ちなみに、ときわ湯は灘五郷のひとつ御影郷(白鶴や菊正宗などが有名)にあり、その仕込み水に使われる、いわゆる「宮水」とおそらく同じ水質の地下水が100%使われている。
 ミネラルたっぷりの宮水風呂は、とんでもなく心地よい。見た目はちっぽけで安っぽくとも、最高に贅沢なお風呂だ。
 震災記念日の今日にふさわしいプレミアム銭湯へ、ぜひどうぞ。阪神御影駅から徒歩5分、16:00〜23:00、土曜休。

 いきなり正月旅行の話に戻る。
 ニンゲン知らぬことばかり。半世紀を生きてなお、初めて食するもの多し。
 元旦に伊東の子持湯に浸かったあと、その隣の居酒屋「いりふね」で食った「ひゃくひろ」なるものの美味にたまげたね。

 マンボウの腸なんだと

 シャクシャクなのよね、シャクシャク。他にない食感で、口に入れるのが楽しくなる。初めてナタデココを食ったときの驚きを思い出したりなんかして
 というわけで初回にしてマンボウひゃくひろは俺の3大好物にランクインした。

 その翌日に登った伊豆の城山(じょうやま)のレポートを「ふしぎ山」にアップした。

最新の日誌ホーム戻


2013.1.14(月) 3連休

 まいはーい。まっちゃんです。
 世間様でいう3連休、なんやしらんが飲んで終わってしもたがな。
 今日は西宮で焼肉とビールに引き続き中華とドラゴンハイボール。こんなことしてるとまた痛風になるのだろうか。

 合間に「揚げタイヤキ」挟んだりなんかして

 元日、立岩に登ったあとに入った今年の初風呂、伊東温泉の子持湯を「激渋銭湯」にあげといた

最新の日誌ホーム戻


2013.1.13(日) 2年半ぶり

 まいはーい。まっちゃんです。

 2013年の元日に登った愛知県豊橋市の立岩のレポートを「ふしぎ山」にアップした
 なんと2年半ぶりだ!

 そして、2013新どこクイズの勝者となった勝五郎さんには、このおみやげをお送りします。



 立岩に登ったあと、さらに18きっぷで三島まで移動して泊まったのだが、その駅前の土産物屋で買った。いろんなものをこれにチョンとつけたら、酒の肴に最適であろうと。うひー、俺が食いたい!
 そういや新どこクイズの景品は、ここ何回か塩が続いているような。来年はどこの塩を贈ろうかな〜。

最新の日誌ホーム戻


2013.1.11(金) 新どこクイズ、こんどこそ解答

 ぶるっぽふ。まっちゃんです。
 冷えよる。そして胃のあたりが痛い。夕べ食いすぎたせいかなぁ・・・? 夜中から痛みだして今日一日調子が悪かった。今もまだ違和感が残っている。

 そんな状態で何も食わないまま、昼から大阪のFM802に赴き、ラジオ番組の収録にゲスト出演した。例によっての銭湯ネタ。
 番組の中で「銭湯の達人」として紹介されたが、べつに銭湯でなんら達人的なことをした覚えはない。他の誰より長湯できるわけでもないし、誰より熱湯に耐えられるわけでもないし、湯船の湯を舐めてどこの風呂屋か当てられるわけでもない。銭湯の湯を沸かしたことすら一度もない。
 普通に1日1回銭湯へ行って、普通に風呂に入るだけ。単なる入浴客。銭湯に通っている人はみなそうだ。
 人と違っていることといえば、勝手に銭湯の応援活動をしていることだけよねー。

 さてと。新どこクイズ、こないだ不正解だった人、および新規参入の方からも回答が寄せられた。

(まつあつ)
ヒントを見て再回答します。
でも・・わからないですね。ちょっと検索してみたりしたのですが(岩山 山頂 木とか・・)
ただ、ここ全く雪がないんですよね。普通山といえばこの時期雪が降ってるはずです。
私は大阪南部の山ぞいの施設に勤めていますが、年末はめっちゃ寒かったので、もし、東北や信州なら雪がないのもおかしな話ですよね。元旦は少しましだったようですが、それでも雪が全部溶けるとは考えにくいです。
なので、これはやっぱり比較的あったかいところのようです・・・。
かといって、日差しをみると沖縄ではなさそうだし。
もしかして、意外と近所にいた??
ということで、和歌山県南部〜三重県南部をうろうろしていた
と回答いたします。
潮岬とか尾鷲とかあったかそうですもの(笑)
途中、川湯温泉の千人風呂にはいったとか・・違いますかねぇ・・・。


 違いますねぇ・・・。

(ジュン)
ヒントをもらってもさっぱりわかりません。
山陰ではない、四国ではない、東北ではない、31日に出発、1月5日には帰らねばならない。
近場じゃないかな。和歌山県にします。

 だから違いますねぇ・・・。

(はるひよ)
今回、難しい・・・これまで何とかして「これちゃうか?」というところまで到達してましたが、今回ばかりは・・・
1枚の写真から推測するに、沖縄っぽいけど窓に庇がないし、寒い年末年始に気候が安定しているところ・・・また瀬戸内?
手前の建物はリゾートっぽいけど駐車場が狭いので個人経営の小さなお店とすると・・・ワカラン。
とりあえず因島あたりで・・・年始早々落ち込みますわ・・・。


 落ち込んでてくださいねぇ。

(原人)
熊本の「原人」といいます。クイズ初参戦します。
ヒントがどこかで見たような気がするんですけど・・・
もしかして、地元「天草」ではないでしょうか?
スペインや南仏風の建物と後ろの山の感じはなんか「天草」で見たような気がするので。
答え 『天草』 それも松島温泉と読んでみました。
 

 あぁ、天草行きたいなぁ。

(タラ)
銭湯関連の記事中心になってからは、少々足が遠のいていたのですが、久しぶりに拝見したら懐かしのクイズをやっていましたので参加してみようと思いました。
ヒント写真ではまったく見当がつきませんけど、元旦にこの青空はまず日本海側ではありませんね。
確か、去年は別府だったし、その前は鹿児島、またその前も鹿児島。
三度あることは四度ある?恐らくまた九州でしょう。
更に鹿児島、鹿児島と続けたからには当然大分、大分とならなければいけません。
非常に単純な推理で申し訳ありませんが、大分で間違いないと思います。


 間違いありますねぇ。

 ということでみなさんゼーンゼンですわ。ははは〜。こんなに特徴的な山の写真を出してるのにワカランかなぁ〜。
 もっぺん見てもらいましょかね。



 と、そこへ銭湯関連の知り合いから回答が寄せられた。

(勝五郎)
写真はズバリ、新所原の立岩なので静岡県。ヒントの写真で分かりました!
ロッククライミングをするようなやまですが、ハーネスも付けずに一人で大丈夫だったんですか?
ええ銭湯はありましたか?


 うお、お、惜しい!
 新所原の立岩は正解! でも惜しい! 新所原は静岡県だが立岩は県境を超えて愛知県にあるのです!
 このクイズの趣旨は、まっちゃんがどこで新年を迎えたのかを当ててもらうものであります。

 ワタクシ、「2012年12月末まで」という近鉄株主きっぷを1枚使い残しておりましたので、とりあえず31日はそのきっぷで名古屋まで行って思い残すことなく年を越したのであります。正確に言うと栄のトルコ人がやってるバーで年を越しました。その前に年越しそばは韓国料理屋で冷麺を食いました。
 そして翌日の元日に新所原まで18きっぷで移動して、この立岩に登ったのであります。

 というわけで、限りなく正解なのだが、肝心の年越しの場所がなぁ・・・静岡じゃないんよねぇ。

 まあ他に正解者もおらんことだし、貴重な旅費を削って購入した超豪華おみやげは勝五郎さんに差し上げましょう。おめでとうございます!
 おみやげ、および立岩についてはまた明日。

最新の日誌ホーム戻


2013.1.8(火) 新どこクイズ解答

 新年まいはりますて じめらとうぶるっぽふ。まっちゃんです。
 
 いやもう新年早々パソコンの調子が・・・みなぎるストレス100%。
 そんなわけで旅も終わって、1/6のてくてく銭湯・新春特別ツアーも無事に終了したというのに、まだ新どこクイズの解答もできておらぬ状況スマヌ。

 前日まで寒かったのにこの日はぬくぬく! 住吉さんの神通力か

 最近になって当日誌を閲覧し始めた方にはわからないであろう、新どこクイズ。
 これは当日誌でここ数年恒例の、まっちゃんとかいうどこぞのオッサンが新年をどこで迎えたのかを当日誌読者のみなさまが予想して回答し、当てたらエライという完全無意味で最高につまらないクソクイズだ。

 例年ならば正月テレビのバカ番組に飽きた10人くらいの方がご回答をお寄せくださるのだが、まっちゃん50歳になって更新頻度も減って何を考えているのかいまひとつ予想が難しくなったためか、それともこんなものを相手にすることの馬鹿馬鹿しさにようやくお気づきになられたのか、ご回答をお寄せくださったのは3名の方々だけだった。

(はるひよ)
さてさて年一のこのクイズ、根拠もヒントもなくただただまっちゃんの思考回路を読んで答えると言うとてつもない難しさが私を毎年苦しめております・・・
さて、今年・・・年末年始は寒かった・・・そう予報も出ておりました。
となれば近場&最小限の乗り換えで到着できる場所と考えられます・・・
パッと地図を広げて見る・・・今度登山予定の愛知方面は無いかなと。
寒いと心理的には南に行きたくなりますが、ここは敢えて北の山陰、鳥取あたり!三朝温泉でほっこりと過ごし徐々に東へ・・・で、どうでしょう。
なぜなら・・・年末私が行ったばかりなので^^
三朝の外湯は激熱でした!


(大船越)
土佐から始めて伊予を回って豊後の国へ行くのでは…

(まつあつ)
今年もきましたね!新どこクイズ?
では早速ですが、推理させていただきます。
昨年、腰痛の為、正月も汐湯でまったり過ごしたまっちゃんは、来年こそは・・・。と思ったはずです。
そして31日、最後の三笠湯に浸かりながら旅先を決めたんですね。
この正月こそ、昨年果たし得なかった東北風呂めぐりをしよう。と思ったはずです。

が・・・。湯上りにコリアタウンで韓国料理などを食べて、考えが一瞬変わります。

韓国だ!!

と一瞬思ったに違いないのですが、やっぱり東北にしたんじゃないかな??
というわけで・・・まつあつの予想は

福島、宮城、岩手、青森
この4県をめぐる銭湯(温泉)三昧の旅


特に、青森の酸ケ湯温泉にはいったんじゃないかと・・・・。
といたします。


 まっちゃんを相手にしてくれたのは、世界でたった3人だけでした。
 ある意味で尊いご回答、ありがとうございます。




 でも全員モロハズシ!

 せっかく正解者用の景品におみやげを買って帰ったのに、その労力を無にしないでほしいものであります。
 しかし考えてみれば、たしかに一切のヒントなしに当てろというほうが無茶かもしれません。
 でも過去のクイズではそれでも当てる方がたいていおられたわけですが。

 仕方ない。貴重な旅費を削ってまで購入した正解者用おみやげを無駄にしないためにも、ひとつだけヒントを出させていただきましょう。



 元日、こいつに登頂いたしました。
 さて年越しの場所はどこでせう? ご回答はこちらへ。1/10締切です!

最新の日誌ホーム戻


過去の日誌も読めます

2012年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2007年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2006年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2005年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2004年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

最新の日誌へご意見・ご感想はこちらホーム