「さいろ社の本」に戻るホームに戻る
いのちジャーナル別冊MOOKA
薬害が消される!
−教科書に載らない6つの真実−

全国薬害被害者団体連絡協議会編



(A5判・160頁・本体1000円) 
申し訳ございません。本書は品切れとなりました。(増刷予定はありません)
たくさんのご注文をありがとうございました。
書評
週刊金曜日/朝日新聞「社説」/「Book Boat」/毎日新聞/日本経済新聞
編者インタビュー
花井十伍さんに聞く
(全国薬害被害者団体連絡協議会・代表)
文部省のお役人も、薬害について何も知らなかった!
サリドマイド……睡眠薬・胃腸薬が胎児の成長を阻害
スモン……身近な整腸剤で全身マヒに
薬害エイズ……血液製剤にエイズウイルスが混入
陣痛促進剤……出産をコントロールする薬で胎児や母親が死亡
MMR(新三種混合ワクチン)……国・自治体が欠陥ワクチンを勧奨接種
薬害ヤコブ病……汚染硬膜の移植で死に至る病に感染
6つの薬害被害者たちが学校教科書を調べ、
サリドマイドや薬害エイズなどの記述が
教科書検定で削除されている
事実をつかんだ。
それはいったいどうしてなのか。
そして被害者たちは文部省に乗り込んだ・・・。

被害者たち自らが、それぞれの薬害の実態と、
闘いの歴史を語りつくす。

これ1冊で、日本での薬害続発の秘密がわかる!
薬害はなぜ繰り返されるのか。過去の教訓はどう教えられているのか。
目次

はじめに(→ここで全文が読めます

第1章 薬害はなぜ教科書から消されたか

私たちはなぜ文部省に出かけたか 勝村久司 
子どもたちを薬害の被害者にも加害者にもさせたくない 間宮 清 
薬害スモンの記述はこのように消された 中西正弘 
薬害エイズはなぜダイオキシンに置き換えられたのか 花井十伍 
保健の教科書や母子手帳にこのお産の実態を 勝村久司 
医学・薬学の専門教育でこそ「薬害教育」の推進を 片平洌彦 
各政党への質問「日本の薬害教育についてどう思うか?」への回答 (解説/花井十伍) 
資料/こんなにあった、日本の薬害 

第2章 薬害の事実

●サリドマイド
世間の視線と十年裁判――そして薬害防止の約束は裏切られた 中川久嗣
私と家族の人生にもたらした被害 増山ゆかり
子どもたちは訴える 

●スモン
世界に類のない巨大薬害訴訟――「伝染病」説による迫害・自殺 中西正弘
全身に及ぶ多種多様な症状の中で 辻川郁子
キノホルムを飲んでみてください 

●薬害エイズ 
繰り返された構造薬害――偏見と診療拒否を越えて 今井育子
知らされず、診てもらえず、仲間が順に死んでいく 大平勝美
天国にいる幸ちゃんへ 

●陣痛促進剤
人によって100倍以上の効き方の差がある薬を一律使用 勝村久司
いつまで、何人の子どもが母親が死なねばならないのか 出元明美
子どもが死んで、妻が死んで…… 

●MMR(新三種混合ワクチン)
薬害エイズに酷似の構図――被害者を足蹴にする 認定却下″ 勢馬 彰
親の意向も、厚生省通達も無視されて 上野秀雄 

●薬害ヤコブ病
運が悪かったではすまされない――アメリカに 年遅れた回収命令 今井育子
知らないあいだに植え付けられた病原菌 谷 三一
「ヤコブ病を考えるつどい」より   

第3章 薬害被害者座談会 薬害被害者の声をいかに届けるか

付録 厚生省への要望書と、それに対する回答 
おわりに 花井十伍 
「さいろ社の本」に戻るホームに戻る