「さいろ社の本」に戻る/ホームに戻る
泣き寝入りの時代は終わった。
たった一人の患者にも
医療を正していく方法が
こんなにある。
 
 
   医療被害にあったとき
患者・家族にできること

石川寛俊 監修
医療情報の公開・開示を
求める市民の会 編

定価:1050円(本体1000円)

(四六判、並製、104頁)

カバーデザイン/都築俊雅
 医療裁判は、
被害を受けた患者にとって過酷すぎる試練だ。
勝訴する確率は低く、
勝ったとしても、金銭賠償以外に
患者の願いが聞き入れられることはまずない。

いったいどうすればいいのか。
裁判のほかに何か方法はないのか。
患者自身にできることは何か。

そう考え、さまざまな方法を試行錯誤した患者たちがいる。
これはそれらをまとめた本である。

ご注文はこちら(消費税無料) 

監修:石川寛俊(いしかわ・ひろとし)プロフィール
1949年、奈良県生まれ。弁護士。
スモンや薬害エイズなどの巨大薬害訴訟をはじめ、これまでに200件以上の医療過誤訴訟を手がける。
テレビドラマ「白い巨塔」の監修も担当。著書に『医療と裁判』(岩波書店)など。


編:医療情報の公開・開示を求める市民の会
1994年設立。
公共的な医療情報の公開と、レセプトやカルテなど個人情報の本人・遺族への開示を求めて活動してきた。
事務局 山中裕子
Eメール jimukyoku-hiroko@nike.eonet.ne.jp
ホームページ http://homepage1.nifty.com/hkr/simin/
 
「はじめに」より  石川寛俊(弁護士)

複雑、専門性、身体被害、権威へ抗うなど医療被害に特有の事情から、
被害者はそれを訴えることにすら
勇気がいる
そしてそのためか、訴える
一線を突破した被害者は、まっすぐに進んで後戻りをしない

(中略)

ところが、被害者が行き着く先はどこにも見当たらない
これが、心を決めた医療被害者が世間に打って出たときの姿であろうか。

この本は、黙々と群れの中に生きてきた
よくある普通の人が、
被害者かなと
悩み始めたときに、
行き先を照らすようにとの願いから、その道の先達が書き記したものである。
 
C O N T E N T S

はじめに――医療被害者が行き着く先はどこにある?  石川寛俊

真実を知りたい (山中裕子)

医療被害に立ち向かうために (岸本達司)

自分でできるカルテの証拠保全 (石川寛俊)

自分でできるレセプト開示 (勝村久司)

悪質病院は行政に申し立てよう (岡本隆吉)

ニセ助産師を保健所に通報しよう (出元明美)

解剖で死因を究明しよう (秦重信)

「判決」以外の決着方法 (石川寛俊)

あとがき 勝村久司
 
「医療被害にあった」
確信するときがある。
それは、
予期せぬことが起こったからでも、
結果が悪かったからでも
ない

その前後にあった
医療者たち
あまりにも不誠実な対応
連続の中で気付く確信だ。

勝村久司「おわりに」より 

姉妹本
『カルテ改ざん』
『カルテ改ざんPART.2 「密室の不正」との闘い方』
も好評発売中です。 

ご注文はこちら(消費税無料)

 「さいろ社の本」/ホーム