メ シ つ き 文 化 遺 産
激渋食堂メモ
高知県の渋~い大衆食堂
丸吉食堂★(高知市、大橋通電停)

丸吉食堂  
高知市追手筋2-5-5
→地図

電話/088-825-3937

【営業時間】11:00~21:00
【定休日】土日祝


 みんなが賑やかに集うひろめ市場。その横手にひっそりと影のように、鍵型に奥まった路地がある。そこにある1軒の古い食堂。
 ここへ来る目的でなければ、決して目に留まらないポジションだ。

 
(左)奥に見えるのがひろめ市場の壁 (右)しびれる風情

 飾り気のない、それでいてどこか気品を感じさせる外観がよい。地味ながらも端正な暖簾の横に、おかずケースが外からも見える造りになっている。

 目移りする~

 中へ入ると、右側にテーブル2席、左側に小あがり2卓ほどの狭い店。古くて渋くてくつろぎのオーラが充満している。
 だが、外から見えていたおかずケース以外にも刺身などが入った冷蔵ケースもあって、準備されているおかずの種類と数は多い。嬉しいのぉ。
 他に客おらず。

 
(左)冷蔵おかずケース(手前)と常温おかずケース (右)手前にテーブル、奥に小上がり

 おばちゃんが二人いる。あとからもう一人来た。おばちゃんなのに静か。
 酒の燗をもらい、おかずいろいろ取る。鰹のアラ煮付けやイカ刺しなど。静かなる興奮。あとでカツオ刺身もきたのでそれももらう。幸せである。

 
(左)豊かなる光景 (右)カツオ刺身

 おかずケース以外の注文メニューも気になる。中華そば400円、味噌汁100円、トンカツとか、もう全部気になる。
 高知名物「ちゅうにち」400円を注文した。これはうどんだしに中華麺、つまり日本と中華の合体という意味で、関西で言うキーソバ。
 細目の麺がうまし。かまぼこの柄がかわいい。

 ちゅうにち400円

 壁に貼られたウインクの「真夏のトレモロ」のポスターを見ながら、酒おかわりして気持ちよく酔った。
 通し営業が嬉しい。賑やかなひろめ市場と対照的にしみじみ時間を過ごせる店、ぜひまた来たい。
(2017.4)
このページの頭激渋食堂メモのトップ