きじばと

キジバト  雉鳩

古くより山鳩(やまばと)と呼ばれてきました

雉(きじ)に似た茶色いうろこ模様の翼です

飛んだ時には
尾の先に白いラインが目立ちます
(この尾羽は林のそばで拾いました)


山鳩は鷹(たか)に食べられて死にます
地味ですが首飾りをつけています


昔の人が
テテポッポー、カカポッポー
と聞きなしたのは
夫婦や家族で行動するからでしょか…



(注・市街地で群れているドバトは
ヨーロッパのカワラバトを家禽として繁殖させたものが
逃げ出し野生化してしまったものです)
これは何者かに食べられた跡です…



野生動物は
食物連鎖の輪の中で生きています

ささがなるのいきものたちホーム