つばめ

ツバメ    燕

夏鳥です


日本では古くから
稲作で発生する虫を食べる益鳥として
大切にされてきました


さえずりも
「虫食って土食ってしぶーい」
と聞きなしていました
あくび中です…


この大きな口で
飛びながら
昆虫をたくさん食べることができます
飛びながら
水を飲むこともできます
オスは美しい燕尾服(えんびふく)です…


巣づくりの場所を一生懸命探すうちに
家の中へ入ってきてしまうこともあります
(網戸に張りついておられるお姿です…)


ほんの数十年前までは
民家の土間や軒先で巣づくりできました

多くのツバメは(死なない限り)毎年同じ巣に戻ります
落ちてしまった巣材です

巣材は
泥(どろ)と枯れ草に唾液を混ぜ
口でこねてつくります


ちょっと泥が足りなかったのかな…
夫婦です
(左が尾の長いオスです)



少し離れて羽づくろいをしていると思っていたら…
交尾の瞬間…
(拡大です…)
そして飛び去るオスと
見送るメスでした…

ささがなるのいきものたちホーム