「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ

ゆうこささがなる日記

  

私の住んでいるのは、東だいせんの笹ヶ平(ささがなる)というところ。
大山・烏ヶ山から伸びる尾根の上にあたります。
ひゅ〜るり〜、ひゅ〜るり〜ららぁ〜。




2004.7.30(金) ささがなるのつばめ

池の周りをびゅんびゅん飛び交って、飛びながら虫を食べ、飛びながら水を飲むのは、ツバメさんたち。

ツバメたちはね。
子育てが終わると、成鳥も幼鳥もみんな河原の葦原(あしはら)などに集まって、渡りの準備をはじめるのだとか。
そして9月ごろになると南に向かい、東南アジアの島々をめざして海を渡ってゆくのだとか。

そういえば先日の夕暮れ時、偶然に倉吉(くらよし)で、すでに大群になって飛ぶ姿を見て、涙が出そうになったのでありました。
ささがなるで生まれたこの子ツバメたちも、そろそろ下界の大集団に混じってゆくんでしょか。
この子ツバメたちのうちの何羽が無事に生き延びて…来年また帰ってこれるんでしょか。

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ


2004.7.27(火) 青い海の青い鳥

晴れ。
朝から夕暮れまで、駐車場をうろついて虫を食べていたのは、イソヒヨドリさんのメス。

磯ヒヨドリっていうのはね。
海岸の岩場や崖で出会える、青い鳥。
(でも青いのはオスだけで、メスはジミなうろこ模様)
ヒヨドリという名前がついているけれど、ツグミの仲間なのだとか。

そういえば毎年この時期に、オスの若鳥を見かけておりました。
ここは標高730メートルのお山だけど、日本海から近いから、冒険に飛んできていたんでしょか。
このメスも、冒険好きな若鳥なんでしょか。

頭を低くして、道路をテテテーっと走って横断する姿は、笑える感じ。
いきなり出会って驚いても、地面の虫をしっかりくわえてから飛び立つ姿も、笑える感じ。
だけど夕暮れ時の屋根の上で…大きな雲たちと話している姿、なんだか素敵でありました。

夕暮れ時の屋根の上のイソヒヨドリさん

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ


2004.7.25(日) 雷神

メリメリバッキーン。
昨日に続いて、2日連続夕方の激しい雷雨。
この夏はじめての、恵みの水でありました。

愛犬イチとフクは腰を抜かして、ぶるぶる震えていたけれど…森のみんなはどうしていたんでしょか。

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ


2004.7.19(月) 夕陽に燃えるお山

今日も晴れ。強風。
今年は梅雨にほとんど雨が降らなかった上に、(去年と正反対の)カンカン照り続きで…谷の水、ものすごく少ないのでありますよ。

午後7時半すぎの、大山(だいせん)と烏ヶ山(からすがせん)です。
鳥たちはねぐらに帰りましたが、ヒグラシとニイニイゼミさんたちの合唱は続いておりました。

(左)烏ヶ山  (右)大山
 

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ


2004.7.13(火) チョウの最後

庭のオレガノの花に、すっかりぼろぼろになったベニシジミさんにヒメシジミさん。

ハネがすり切れてしまうのは大空を飛ぶ野鳥だけで、チョウはきれいなまんま死んでゆくものだと思い込んでいた私。
ぼろぼろになるまで生き延びたシジミさんたちの姿…ほんとに美しいのでありますよ。

 (左)ぼろぼろになったベニシジミさん  (右)こちらもぼろぼろのヒメシジミさん(産卵を終えたメスだとか…)

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ


2004.7.7(水) 七夕

オカトラノオの白い花の蜜を吸うのは、シジミチョウやセセリチョウやマルハナバチさんたち。

と、ハネの一部を失ったヒョウモンチョウさんひらひら。
まるで誰かにかじられたような傷痕でありました。
このハネで、秋まで無事に生きてゆけるんでしょか。
オパール色の美しい目で…星に何を願うんでしょか。

  羽の欠けたヒョウモンチョウさん

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ

2004.7.2(金) 月日は

夕暮れ時に、今年初めてのヒグラシさんの声。
気がつけばもう7月になってしまっておりました。
光陰矢の如し…であります。


過去の日記です

2004年 6月5月4月3月2月
2003年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月

最新の日記へ「いわなや」トップページへさいろ社ホームへ