「ささがなるの自然」トップさいろ社ホーム

ささがなる日記




Diary from Sasaganaru
by Yuko


私が住んでいるのは、東だいせんの笹ヶ平(ささがなる)というところ。
大山・烏ヶ山から伸びる尾根の上にあたります。
ひゅ〜るり〜、ひゅ〜るり〜ららぁ〜。



2005.12.29(木) ありがとゆ

皆様どうぞよいお年をお迎えくださいましぇ‥。

 今年最後の烏ヶ山です

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.12.28(水) 夜の雪

雪は家の横で1メートル50ほど。
先日マイナス9度近くに下がった気温も今は一段落‥。

 
(左)暗い橋を渡るのは誰‥・    (右)駆け登ったんでしょか。駆け下りたんでしょか

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.12.15(木) 風の足跡

昨夜の雪も、地吹雪となってどこかへ吹き飛んでいかれました。
晴れた朝の地面には…白い波が打ち寄せておりました。

雪は先週の80センチから40センチほどに。
でもこれから大雪だるまさんをお迎えせねばなりませぬ。

 地面の波がわかるかな…

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.12.5(月) まっちろけ

朝マイナス4.5度。
積雪約40センチ…あとは吹き飛んじゃって何も見えましぇん。

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ

2005.12.4(日) 通行止め

朝から雪。
私の車に飛び乗ろう走ってきたイチが、凍った場所に足をとられて目の前で2回転…
頭をコンクリートにぶつけて放心状態に。
ごめんね。
いつもイチは身をもって私に危険を知らせてくれるのでありますよ…。

日が暮れてマイナス3度。
鏡ヶ成(かがみがなる)に抜ける県道は通行止めになりました。

 
(左)大好きなはずの雪を…今夜は軒先からこわごわ見つめるイチ    (右)吹雪舞う…

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.11.21(月) 初氷

朝は大霜。
池の周りには氷が張っておりました。
昼は快晴。
白い大山が…まぶしゅうございました。

 
(左)20日の朝の大山です   (右)ツグミさん(冬鳥)も来られています

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.11.16(水) 雪と霙のあいだ

気温3度。
雨時々みぞれ
我が家から鏡ヶ成(かがみがなる)に向かって、ほんの数百メートル走った先は…白い世界でありました。

 雪まで車で1〜2分

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.11.7(月) 土を耕し続けるひと

昨日の雨と強風で。
落葉がどっさり流れついてきていたり。

そういえば、9月の台風の時…
暴風の合間にも、草むらで必死に呼び鳴き続けていたコオロギさんたち。
今はもうすっかり疲れ果て、土に還ってしまわれたんでしょか。
お疲れさま。
そして美しい音楽をあんがとね。

 調理場で固まっていたザトウムシ

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.27(木) おかえり

かわゆい細い声で、ささがなるに帰ってきてくれたのはジョウビタキさん(冬鳥)。
谷の上ではヤマザクラさんが…葉っぱを美しい紅色に染め上げて迎えておられます。

 
(左)樹齢約三百年…   (右)今朝の烏ヶ山(東大山大橋より)

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2004.10.24(月) 初雪大山

昨日は雲に隠れておられましたが。
今朝は谷に積もった雪が…縦縞に美しゅうございました。

 岩壁の雪…

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.22(土) 冷たい雨

雨のち霰(あられ)のち雷。
午前中7度、午後6度。
雲の隙間からちらっと見えた烏ヶ山(からすがせん)の中腹は、白くなっておりました。
大山(だいせん)は…初冠雪でしょね。

 
(左)流れてくる葉っぱたち   (右)標高730mのアラレちゃん

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.21(金) つばめのおくりもの

頭の上をびゅんびゅん飛び交うのは、イワツバメさんやアマツバメさんたちの群。

もう行ってしまうんですね。
とてもさみしいけど。
ささがなるの最後の虫をたくさん食べて。
どうぞぶじに海を渡ってくださいな。
そして来年きっとまた…。

 
(左)狼煙(のろし)をあげる烏ヶ山(からすがせん)   (右)30秒後…

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.15(土) 明るい空へ

1日中小雨。
夕暮れ時、車を走らせたとたんに、冬鳥のアトリ(花鶏)さんたちの大群。
あまりの美しさに思わず息をのむ私。

雲に隠れようとする大山(だいせん)の手前。
谷から吹き上げてくる霧の向こう。
空と尾根のあいだの明るい場所。

あんがとね。
また今年も海の向こうから一生懸命渡ってきてくれて。

たった今アトリさんたちの飛んだ空は、ほんの数分で霧の波に消えました。

 雲と霧のあいだ…

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.13(木) ささがなる経由

快晴。
ふだんは地味なシラヤマギクさんが朝露に輝いておられます。

 
(左)朝陽に染まる大山(だいせん)   (右)ジミに輝く白山菊(しらやまぎく)

フライングキャッチで何度も虫をとらえて食べているのは、日本を通過中のノビタキさん(旅鳥)。
あんがとね。
ささがなるでたくさん虫を食べて。
これからの長旅にそなえてくださいな。

 ミゾソバ畑とかわゆいノビタキ

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.11(火) ストーブ点火

1日中霧雨。
朝12度、昼13度。
真っ白な霧の中、水ぎわに蝶が1羽打ち寄せられておりました。

 土に還る森の妖精…

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.8(土) 道ばたのひと

カワガラスさんが水路の脇を一直線にかっこよく飛んで。
クロバナヒキオコシさんが、空に向かって両手をいっぱい広げておられます。

そういえば春の頃、いちばん最初に出会ったアカショウマさんも。
道ばたで踊るように美しく咲いておられたんだっけ…。

 
(左)空に向かうクロバナヒキオコシ   (右)烏ヶ山と踊っていたアカショウマ(6.6撮影)

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.7(金) 小さい秋大きい秋

モズさんが一生懸命に高鳴きをして。
樹木たちも葉っぱの色を少しずつ変えておられます。

 
(左)今朝の大山(だいせん)    (右)ゾウリムシの飛ぶ空

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.6(水) さいごのみつ

すっかり寒くなってしまったけれど、小さなミゾソバさんが地面で満開。
あんがとね。
もうしばらく、最後の虫たちに蜜をわけてくださいな。

 
(左)ミゾソバとヒョウモンチョウ    (右)今年最後のツリガネニンジン

ウドの花と実に、キタテハさんひらひら。
そういえば去年の春…
工事跡に一番最初に復活してくれたひと。

あれからウドさんも無事に復活されて。
今日は一緒の記念撮影。
うれしいな。
でももうすぐ厳しい冬…
どうぞ無事に越冬してくださいな。

 ウドとキタテハの復活祭

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ

2005.10.5(水) ささがなるの思い出

初夏にかわゆい白い花を咲かせていたヒヨドリバナさんも、無事にタネを落とされました。
あんがとね。
少しずつ増えていけますように。
私にも何かお手伝いさせてくださいな。

 
(左)おつかれさま…    (右)初夏の頃、ヒヨドリバナに集まるテングチョウとトラフシジミ(7.16撮影)

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.4(火) 復活のひと

ひっそりと地を這うように咲いたのはリンドウさん。

一昨年の工事跡に…無事に細々と復活されました。
あんがとね。
これから少しずつでもお仲間を増やせますように。
私にも何かお手伝いさせてくださいな。

 ささがなるで一生懸命生きてます

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


2005.10.1(土) あざみのくに

うつむいて咲くのは、美しいヨシノアザミさん。
そういえば…春から夏に多くの虫たちに蜜を提供してくれていたノアザミさんたちはもう冬じたく。

 
(左)ヨシノアザミ    (右)冬じたくのノアザミ


あんがとね。
来年もまたかわゆい花を咲かせておくれね。

  
(左)モンキチョウとノアザミ(6.17)   (中)マルハナバチとアブと(7.6)   (右)ヒョウモンチョウとセセリチョウと(7.6)

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ


過去の日記です

2005年 7〜9月5〜6月1〜4月
2004年 8〜12月7月6月5月4月3月2月
2003年 12月11月10月9月8月7月6月5月4月

最新の日記へ「ささがなるの自然」トップ