ちょっとした旅ホーム
冬の日本海に幸あり




2004年12月10日
(富山県新湊市)
注:新湊市は平成の大合併で「射水市」になりました。

 片野鴨池を見て金沢に泊まった翌日、またどっかへ鳥を見に行くという姉と別れて、列車で富山方面へ向かう。
 前夜、冬の日本海の魚のうまさに感動したため、漁師町に行きたくなった。
 やっぱ氷見かなとも思ったが、隣の新湊というところのほうが水揚高が多いとの話。調べると銭湯もそっちのほうが多いし、新湊へは高岡から路面電車が走っているようなので、そっちにした。

 高岡駅を出ると、駅前ロータリーの一角から「万葉線」という路面電車が出ている。
 どういうわけかここ高岡は「万葉のふるさと」を謳っている。そのむかし大伴家持が国司として滞在し、ここで詠んだ歌がたくさん万葉集に載っているから、ということらしい。

 万葉線

 それにしてもこの万葉線、すさまじいガタピシ列車。脱輪するんじゃないかとの不安を乗客に抱かせながら、ゆっくりゆっくり路面を走る。単線だから、行き違いのために対向電車が道路の真ん中で待っとるがな。
 専用軌道に入ってもほとんどスピードを上げないまま、40分ほどで中新湊に到着。ここで降り、新湊のまちを例によって銭湯をつなぎながら歩く。

 
(左)中新湊駅の近くのみどり湯   (右)ポツンとあった売り家、ちょっと気になった

 新湊には6軒の銭湯があり、それらがすべて港周辺の狭い範囲にかたまっている。順に見ていくが、ほとんどが上のみどり湯のようながっしりしたビル銭湯だ。午前中から営業しているところが多い。

 新湊は古くは放生津(ほうしょうづ)と呼ばれたようで、内川という運河の出口を境に東西2つの漁港がある。内川沿いにはなかなか濃いイニシエ風情の漁港風景が残る。寺社も多い。

 
内川ぞいに形成された漁師町。現在の「新湊漁港」はこことは別の場所に作られている

 放生津のメインストリートはひなびた商店街になっており、何軒かある魚屋の軒先には鮭が豪快に並んでいる。

 
(左)こんなふうに干したのを吊るし売り   (右)これが新巻鮭かな?

 
(左)お昼前、あたりに鯵の醤油焼きの香りが漂う   (右)内川にかかるしゃれた橋

 荒谷鉱泉というところが1軒だけ昔ながらの木造銭湯で、ここも昼間っから営業中だったので、さっそく入る。ヒナビ〜た風情の茶色い鉱泉だった。レポートこちら

 たっぷりくつろいで風呂上り、放生津八幡神社などをぶらぶらしてから、また万葉線にガタゴト揺られて高岡へ戻る。

 
(左)放生津八幡の狛犬、ポケモン的デザイン  (右)線路のかなたに聳える北アルプス

 さて、これからどうしょっかな〜と思いつつ駅の路線図を見て、城端線というローカル線に魅かれた。終点の城端は越中の小京都か。よし、時間もまだあるし、そこへ行ってみよう。
 列車の時刻までの時間つぶしに高岡市内をぶらぶら。ここにはかつて会社員時代に来たことがあるが、ゆっくりまちを見たことはなかった。
 駅から少し歩くと、旧街道沿いに古くさーい、でも豪勢な建物が黒々と並んで残っている。昔からガッポリ稼いでるやつは稼いでるわ。それにしても古い木造建築って長持ちしとるなあ。

 なんてウロウロしてたら、少ない本数の城端線にタッチの差で乗り遅れてしまった。次の列車になるともう日が暮れてしまう。あはは〜、なにやっとんねんワシャ。
 ま、ええか。次回来た時の楽しみに置いとこう。このへんのテキトーさが気楽な一人旅のいいところ。

 とりあえずうどんを食う。
 今日の宿は高岡にとっているが、まだ晩めしには早いので、富山市の有名な観音湯に行ってみることにした。
 高岡から富山は20分たらず、本数も多い。
 富山駅から歩いて5分ほど。立派な外観の観音湯は、東京スタイルの伝統銭湯だった。レポートこちら

 観音湯

 風呂から出たらもう夕方。姉に電話を入れるともう宿に入ってるというので、僕もとりあえず高岡へ戻っていったん宿へ入り、それからメシを食いに出た。
 地方都市としてはそこそこ許せる賑やかさの中心街だ。
 陣太鼓という居酒屋へ入る。魚は昨日かなり食ったので、今日は冬の日本海のもう一つの名物、カニ中心でいくことに。いやー、この店もなかなかよかったわ。安い、うまい。でも繁盛しすぎて店主は注文に追われ、怒涛の汗みどろ。

 
(左)陣太鼓   (右)子持ちのメスガニも激ウマ、この地方では「コウバコ」と呼ぶ

 酔っ払った勢いで、店を出たあとまた銭湯へ。昼間見つけた中島湯。いやー、酔って銭湯最高なんだけど本当はダメですよみなさん。レポートこちら

 温泉めぐりなら北海道で1日5軒くらい経験があるが、フツーの銭湯を1日に3軒というのはさすがの俺も初めてだ。
 お昼に1軒、夕方1軒、そいでまた寝る前に1軒。アッサから晩まで銭湯ブギ〜っと。
 風呂上りはコンビニでビールを買い、宿で飲んで寝た。

ちょっとした旅ホーム