兵庫県の小都市ちょっとした旅ホーム
加古川の旧市街をブラつく
(兵庫県加古川市)

(2003年12月25日)

 加古川は明石と姫路の中間にある。「加古川バイパス」「明姫幹線」という2本の太い道路が街を東西に貫き、誰もが自動車で通過するだけの地味な街。
 駅前のデパート「ヤマトヤシキ」(元そごう)の中の紀伊国屋書店に何度か営業に来たが、街を歩くのは初めてだ。

 ヤマトヤシキの西側から南に伸びる中心街は、広い歩道がきれいに整備された、ちょっと感じのいい道。それを少し歩くと、加古川名物の「一方通行の国道2号線」に出る。この国道沿いはレトロな建物が多い。

  
 (左)駅前通り  (右)国道2号線、東行き一方通行です

 国道を西へ。寺家町、本町と続くこのあたりが加古川の古い中心部のようだ。少し入ると、古い家や路地がたくさん残っている。

 
(左)じけまち商店街。ここもやっぱり・・・アタタタタ(ケンシロウ)  (右)本町の街並み

 かなり路地裏を歩き回ったが、なにかいまいち味わいに欠ける気がするのはなぜだろう。この街を特徴づける核のようなものがないからか。
 じけまち商店街の北側、日本毛織の工場跡地に「ニッケパークタウン」なる大ショッピングセンターができている。人々は商店街を素通りして、そっちへ向かう。立地的には共存できなくもないと思われるが、いかんせん商店街の店々に魅力が乏しい。魅力ある店の新規出店を促す方策を考えないと、このままではゴーストタウン化しそうだな。

 とりあえずこの駅周辺で唯一の銭湯「宝湯」に入る。古風な街並みに溶け込む、風情あふれる外観。もしかするとこの宝湯だけがこの街の宝なのかもなあ。しかしそれにしてはここも肝心の浴室がだいぶ濃い〜感じなんだが。くわしくは「名銭湯・播磨編」で。

 宝湯

 湯あがりに飲み屋街を求めてさらにブラブラする。
 ・・・だが、いくらブラブラしても・・・ない! 飲み屋街が、ない!
 駅前にあれほど立派なデパートがあるというのに、飲み屋街がないってぇ〜?
 駅前通りのすぐ西側に何軒かの飲み屋があるにはあるが、場末の寂れた雰囲気が濃厚に漂う。賑わいにはほど遠いもの悲しさだ。それぞれの店も、たとえば「今日のオススメ」とか「サービスメニュー」を表に張り出すとか、そういうお客を呼ぶための当たり前の工夫もなく、競い合っているようすが見られない。かと思うと、妙に高めの店があったり。「安くていい店」が見当たらないよ〜。

 うーむ、人口26万人の都市でありながら、この沈滞ムードはいったい何なんだ?
 しかしそう考えると大阪はやっぱりすごい。どんな駅前でも競ってるからなあ。

 風呂上りで狂おしくビールを求めていたのだが、さんざん歩くうちに、なにかここで店に入るのがもったいないような気がしてきた。1軒だけコマシな店を見つけたが、あいにくパーティー予約で貸切だった。
 ついに加古川での飲み食いを断念し、神戸へ戻ることにした。こんなの初めて。空腹のあまり腹が立ってくる。

 いい飲み屋があれば、人は車に乗って来るのを控える。そのことが中心街の活性化につながる。加古川市街地復権の鍵は飲み屋が握っているぞぉーっと提言しておきたい。
 加古川出身で大阪・神戸に店を持つ水商売人よ、故郷に錦を飾れ。

兵庫県の小都市ちょっとした旅ホーム