北海道新聞 1995年9月6日

新しい本 「まちがいだらけの予防接種」 藤井俊介著

 はしかなど9種類の予防接種についての解説、被害者の声、被害者救済制度の不十分さなどの内容を盛り込む。結論として「受ける義務から受ける権利へと位置付けを変え、それを決める親のために十分な情報提供を」と 主張している。
 著者は大阪府在住で、62年に長女が二種混合ワクチン(百日ぜき・ジフテリア)で重度身障者になってから、予防接種批判と被害者救済の市民運動を組織、展開している。現在 、予防接種情報センター代表、全国予防接種被害者の会事務局長。
 A6判、155ページ。

ご注文はこちら

さいろ社の本ホーム