関西の激渋銭湯
チープに極楽。生きててよかった!
   レトロ銭湯へようこそ
関西版

松本康治、戎光祥出版
定価:1600円+税
レトロ銭湯へようこそ
西日本版

松本康治、戎光祥出版
定価:1600円+税
  お 風 呂 屋 さ ん で も 買 え る
【石川県】の激渋銭湯 
野町湯 ★(金沢市)(休業中)
いろは湯 (金沢市)
(廃業)
桜泉湯 (金沢市)
(廃業)
東湯 (金沢市)
(廃業)
大汐湯 ★(金沢市)
(廃業)
清水湯 (小松市)
今江温泉 (小松市)

白山湯 ★(輪島市)
新橋湯 ★(輪島市)
(廃業)
恵比寿湯 ★(珠洲市)(廃業)
湊湯 ★(鳳珠郡能登町) 
松の湯 (鳳珠郡能登町)
(廃業)
浜の湯 (鳳珠郡能登町)
(廃業)

野町湯 《休業中》

2010年8月3日、2年以上に及ぶ休業から復活されましたが、2016年4月現在、再び休業中のようです。
(石川県浴場組合HPより)


金沢市野町5丁目5−11 →地図
TEL:076-241-6774
【営業時間】14:30〜23:00
【定休日】月曜日


 
恐怖のエントランス。肝試しかっちゅーの!

 金沢の中心繁華街・片町から15分ほど南へ歩くと、北陸鉄道の始発、野町駅がある。その駅前にスックとそびえ、黒煙を吐く煙突あり。
 「野町湯」との看板が出ているので、そこの数段の石段を降りてみたが、暖簾も出ていないし銭湯らしい入り口もない。恐る恐る奥の建物を覗いてみると、暗くて細ーい通路が続いている。こんなとこ入ってもええんかな〜とびびりつつさらに進むと、ポンと建物の反対側に出た。なんや、こっちが正面か。

 この日はこのすぐそばのホテルを予約していたので、寝る前にでも入りに来ることにしよう。
 と、下見をしておいたのが正解だった。

 
(左)駅のまん前、場所はわかりやすい  (右)駅の反対側、こっちが正面らしい

 そして夜。片町でさんざ飲み食いして酔っ払いつつ、やってきた。こっから入るんだもんね〜と昼間に来た道を入っていったが・・・。
 ともかく営業中を示すものは入り口の行灯のみ。あとは暖簾も何の案内もない。信仰心にも似た「この先に銭湯があるはず!」との強い意志をもって、黄泉の世界へ通ずるかのごとき暗黒トンネルをひたすら突き進むことが要求される。

 
(左)この行灯から階段を下りて   (右)なんかすごい雰囲気だな・・・

 
(左)で、ここを入るわけだが   (右)気の弱い人はこのあたりで引き返すかも

 
(左)やっと正面側に出た  (右)ここからも直接脱衣所に入れそうだが・・・

 暗黒トンネルの出口に木のドアがあり、中の脱衣所が見えている。でもここが男湯の脱衣所であるという保証はない。正面へまわると、男女に分かれた玄関があった。ああ、ここでやっと俺の知る銭湯というものにたどり着いた感じ。
 玄関正面には立派な九谷焼のタイル絵がある。有名な「章仙」のサイン入りだ。

 
さすが章仙、緻密で鮮やか

 
殿方入口、このガラス!

 激懐古なガラス戸を開けると、さっき横の出入り口から覗いた脱衣所だった。広いタタキがあり、上がったところに下駄箱がある。番台にはばあちゃん。
 おっと、この番台、なんと下駄箱が合体しとるで! こりゃまた初めて見るなあ。聞けば、これはここの旦那(大工さんだそうな)が作ったものだそうだ。

 
(左)下駄箱兼番台   (右)しかも中には傘入れが! 匠の技が光る

 そこそこ広い脱衣所には、格天井にぶら下がる緑色のプロペラ、無造作に置かれた木の丸テーブル、そして石油ストーブ。蓄積された歴史と銭湯特有の脱力オーラが溶け合って、もあ〜んと濃厚系の異空間を形成しております。

 
(左)古いロッカー   (右)折り上げ格天井

 浴室へ入ると、奥の壁一面に描かれたモザイクタイル画が目に飛び込んでくる。アルプスの湖から流れ出す滝。なかなか豪快な構図だ。
 振り返ると、浴室出入り口の上にもモザイクタイル画、こっちは富士山型の山と湖に帆掛け舟。あとで聞いたら、これは白山なんだそうだ。

 奥の壁のモザイクアート。湯気で写らんな

 湯舟は男女隔壁沿いの奥に2槽。手前の湯舟は半分浅くて気泡風呂になっているが、これがアッチッチ。44度以上はある。
 奥の湯船は薄い漢方薬湯で、ジェット2連。こちらは42度くらい。
 この交互入浴はなかなかキクのお。寒い金沢の夜もメタメタぬくもるよ。

 カラン・シャワーの湯圧は十分で、立ちシャワーも2機ある。でも床などのタイルは古く、はがれたところをそのつどいろんなタイルで補修してある。すべて旦那の手仕事なのだろう。

 僕はこの日最後の客になったが、他客は20代の長髪と、小学生の双子兄弟というのもレトロ銭湯には珍しいパターンだった。

 あがりは飲み物販売あり。ばあちゃんによると、30年くらい前まではひょうたん型の湯舟だったそうだが、改修時にひょうたん型をさわれる職人がすでにおらず、現在の形になったのだという。
 「うちのとうさんは、それが惜しい惜しいと言うてなあ」
 あの三徳番台を作ったオヤジなら、当然そう言っただろうね。
 「このまま残しとけとよく言われるけど・・・」と言葉を濁したばあちゃん。もうかなり建物のあちこちにガタが来てると思われる。

 ばあちゃんとともに歴史を生きた銭湯。客商売であることを一顧だにせぬ神秘のエントランスに始まり、見所の多さ、ディープさに興奮させられる。
 できるだけ長く続いてほしい。
(2004.12.9)

※追加情報(2010.12.18)
 祝!再開 (裏口付近の掲示)
※2016年5月現在、再び休業中です。
このページの頭激渋銭湯トップ

いろは湯 《廃業》

2011年10月、廃業された模様です。
(sakurabunntyouさん情報感謝!)
レポートは営業当時のものです。


金沢市小立野3丁目19-16 →地図
TEL:076-221-6425
【営業時間】15:00〜23:00
【定休日】金曜日
【入浴料金】大人350円


 
金沢駅から南東へ5kmあまり、金沢大学医学部や工学部などがある小立野地区。バス停「天徳院前」からちょっと南に入った静かなまちなみに、小京都らしい町屋風の銭湯がひっそりとたたずむ。
 おっとぉ、いきなり暖簾の向こう、狭い玄関スペースに色鮮やかな孔雀のタイル絵が見えている。

 スバラスイ!

 絵の左右に男女のドアがナナメについている。開けるとタタキに番台があり、おばちゃんが座っている。
 靴を脱ぎ捨てて、こじんまりした脱衣場へ。小銭湯にしては天井が高い。ペンキが塗られているが、だいぶハゲている。壁はしっくい。ロッカーはフタにガラスがはめられたもの、これも古そう。

 浴室へ。
 床には小さめの六角形タイルが張り詰められており、壁にはピンクとクリーム色の小さなタイルがびっしり。古いタイプの浴室だ。男女仕切り壁にガラスブロックが使われているのが珍しい。
 湯船は奥に深浅2槽の東京スタイル。深いほうは熱めの43度くらい、炭の入った袋が沈んでいる。浅いほうはぬるめの41度くらい、ジェット2連つき。
 おや、湯にはかすかに薄緑色がついている。入ってみると・・・んんっ?
 なにやら妙にキモチがええど! お湯が超やわらかい。もしかして温泉か?
 カランの水もじつにやわらかい。こりゃサルでもわかる水質のよさだ。
 うれしいなあ。ぬるいほう、熱いほう、水浴びと、順に何度も繰り返す。隅には立ちシャワーもあり。

 脱衣所には流しがないので、しっかり拭いてから上がろう。飲み物販売あり。
 牛乳を飲みながら、おばちゃんに「もしかして温泉ですか?」と聞くと、「井戸水」だと言う。薄緑色は入浴剤らしい。
 鏡の前に「金沢銭湯マップ」が置いてあったので1つもらう。「金沢も銭湯が少なくなりました」とおばちゃんは言う。

 どこがどうということのないシンプルな造りだが、古くて、静かで、そして抜群に水質がいい、こういう銭湯が僕は大好き。シャーワセ。  
(2004.12.9)

 
渋みの効いたナイスな古銭湯
このページの頭激渋銭湯トップ

桜泉湯 《廃業》

2016年3月末で廃業されました。
レポートは営業当時のものです。


金沢市泉野町2-5-9 →地図
TEL:076-241-4595
【営業時間】15:30〜22:30
【定休日】金曜日、第4土曜日
【入浴料金】大人370円


 
金沢の中心地・香林坊から南へ歩いて10分ちょっと。犀川を渡り、寺町を抜けてゴチャゴチャっと古い住宅街にもぐりこんだあたり。
 唐破風の玄関小屋根もりりしいその姿は、まさしく東京の伝統的銭湯建築! だが唐破風の下が温室のようなガラス張りになっている。

 
(左)かなりの年季   (右)ガラス張り玄関は雪対策かな?

 
裏手にはレンガ壁が残る

 暖簾をくぐると狭いタタキだが、番台はもう一歩内側にあって、靴を脱いで上がってからおかみさんに出会うかたち。
 こじんまりした脱衣所は昭和中期ごろの新建材で改装されていて、さほどの古さはない。

 浴室もこじんまり。床にはきれいなタイルが張られ、奥に深浅2槽の湯舟がある。
 湯舟から湯がなみなみと溢れ、床を流れているさまが嬉しいねぇ。湯温は42度強、冷え切った手足がじんじん温まる。何かが詰まった袋が沈められているが、備長炭かな。
 深い湯舟の隅にはなぜか信楽のタヌキが置かれている。内側のタイルがかなりはがれているけど、ジェットは快調に噴出中。
 壁に「太陽温泉」と書かれた看板あり。太陽熱で湯を温めているようだが、冬でもそうなのかな?

 桶は珍しい白ケロリン、東京サイズ。カランは両横と島カラン。ものすごい熱湯が出る。

 上がりは飲み物販売あり。クロレラ飲料を飲んでいたら、「濃厚ゲルマニウム原石のお風呂です」という掲示に気付いた。もしかして、あの沈んでいた袋がそうなのかも。
 夕方5時すぎ、先客が一人いたが、俺が入ってすぐに出て、あとは貸切になった。ちょっと心配。
 貴重な北陸の唐破風銭湯の灯がいつまでも消えませんように。 
(2007.1.13)

 
今宵、ゲルマニウムでOK
このページの頭激渋銭湯トップ

東湯 《廃業》

2010年4月、廃業されました。
レポートは営業当時のものです。


金沢市東山1-15-4
TEL:076-252-5410
【営業時間】平日14:00〜24:30
        休日は13:00から
【定休日】火曜日
【入浴料金】大人370円


 金沢の観光地のひとつ、ひがし茶屋街。その情緒溢れるまちなみのほぼ真ん中で、まさにここにこれありと存在感を放つ小銭湯あり。
 エエ感じや。じつにエエ感じや。

 
(左)路地の右側   (右)銭湯の角は広場になっている

 
(左)入口は細い路地に面している   (右)センスのいい看板

 
夜の味わい

 いにしえ情緒たっぷりの外観に対して、内部はきれいに改装されている。
 自動ドアを開けると、ゆったりとしたフロントとロビースペース。脱衣所もフツーに小奇麗な改装だ。

 
(左)フロントとロビー   (右)脱衣所から浴室方面

 浴室も古さは皆無、清潔感のある一般的な改装だ。
 湯舟は壁沿いに、手前から漢方薬+気泡、深風呂+ジェット、浅風呂+気泡と3槽が並び、奥にこじんまりしたスチームサウナと水風呂がある。
 カランもシャワーも快調。生活銭湯として使い勝手がよい。

 この近くの民宿に泊まったところ、部屋に「銭湯セット」が置かれてあった。もちろん宿に内風呂もあるのだが、泊り客の多くはこの銭湯セットを持って東湯に行くようだ。
 営業時間の長さも嬉しいねぇ。

 古い町の味わいをうまく活かし、地元民から一般観光客までを取り込む。まさにこれからのイニシエ銭湯の活路を示すがごとき希望の星だ。 
(2008.1.14)
このページの頭激渋銭湯トップ

大汐湯 《廃業》

2015年の秋に廃業されました。
レポートは営業当時のものです。


金沢市金石西2-18-18 →地図
TEL:076-267-0532
【営業時間】15:00〜22:00
【定休日】月・火・木・金
     (水・土・日のみ営業)
【入浴料金】大人370円


 存在自体がもうたまらんよ、ここは。

 金沢の中心部からバスに乗って30分。日本海に面した金石(かないわ)は、板壁の家並みが濃厚に残る激渋の港町だ。
 金石バス停から海へ向かって集落を抜けて行くと、海岸の手前で秋葉神社に行き当たる。その裏のほうに、見えてるぞ銭湯の煙突。

 
そらきた!

 さっそく近寄ると、これまた板壁の超素朴銭湯。入口付近は風雪を防ぐためか板で通路状に囲われている。
 銭湯の裏は海岸の堤防で、すぐ背後に砂浜が広がる。防波堤の形から、ここにかつて金石港があったようだ。魚をバンバン水揚げした漁師らはすぐに大汐湯の湯舟に直行しただろう。
 しかし今はすっかり砂に埋もれて港としては機能しておらず、大汐湯にもうらぶれた雰囲気が漂う。

 
(左)側面のわびしさが最高   (右)裏面に無造作に置かれた燃料材木

 
砂浜から煙突を見る

 暖簾は出ていない。
 玄関前まで行ってみると、まだ開店前のはずが(このとき14:30ごろ)内部からはすでに営業しているケハイが!
 張り紙を見たら、平日は3時からだが日曜は2時からだと。辺鄙で寂れた場所にありながら、このお客本位の営業時間は感動的だ。

 
暖簾は出ないが営業中

 アルミの戸を開けると広いタタキがあり、外向きの番台におかみさんが座っている。脱衣所の手前に仕切りのように「ゆ」の暖簾が下がっている。
 脱衣所はけっこう広々している。板張り床に上敷きの懐かしい空間だが、壁や天井はそこそこ改装されている。

 
脱衣所(ぼけたスマヌ)

 浴室も広い。湯舟は奥に深浅、湯舟のへりには細かいタイルがびっしり張られているが、厚みがあって腰をかけやすい。
 お湯はなみなみと沸いていて、入るとザバーの贅沢感。43度くらいかな、熱めの湯が北陸の冬に嬉しいねぇ。しかも深には漢方薬の入った袋が沈められている。「宝寿泉」とのこと。
 じっくり浸かるうちに、冷え切った手足が徹底的に火照ってくる。

 白壁や木の天井はペンキがかなりハゲているが、でもきれいに管理されている。カランは左右の壁と、島カランもある。シャワーの出も快調だ。

 相客はじいさん一人と、途中で親子連れが来た。
 上がりは飲み物販売あり。

 特別に、ここがこう、ということはない。だが、雪がちらつく日、砂に埋もれた旧港の古銭湯で、早めの時間から漢方薬入りのアツアツの湯に静かに浸かれるという幸福は何物にも代えがたい。
 周囲のまちなみの渋さも合わせて、深く心に染み込む銭湯だ。いつまでもこのままここに存在し続けてほしいと心から願う。  
(2007.1.18)
このページの頭激渋銭湯トップ

清水湯

小松市清水町62 →地図
TEL:0761-22-4433
【営業時間】15:00〜21:00
【定休日】日、火、水、金


 小松駅周辺もかなり再開発が進んで、ごちゃごちゃした味わいが薄れてきた。
 でも商店街を横切って南西へ5〜6分も歩けば、モロに元遊郭なディープエリアがそのまま残っている。
 そこにおますのや古い銭湯が。しかも週休4日やと!

 
(左)この路地の左手   (右)タタキ

 たった3日の営業日というハードルは旅行者にとって高い。過去2回ふられているので、今回は事前に調べて来たぞ。

 余裕のない玄関はナナメにつけられ、入ると狭いタタキと番台があって、おだやかな笑顔のばあさんが座っている。
 脱衣場には息子さんとおぼしき男性がいて、ご高齢の大おかみを補助されている。これはどこかで見た姿…そう、大阪市住吉区の牡丹湯だ。

 立地と営業日の少なさから末期的ありさまをも覚悟していたが、こぢんまりとした脱衣場はまったくボロさを感じさせず、清潔ですっきりしている。
 ロッカーは丸籠ごと入れる大サイズ。最近こいつと遭遇する割合が高い。

 
(左)丸籠まるごと式   (右)脱衣場風景

 浴室もこぢんまりとしていて、飾り気はないが京都の銭湯的な美しさがある。
 湯船は3槽並んでいる。手前から、ややぬるい薬湯、ガツンと熱めの浅風呂、いちばん奥に深風呂。浅風呂が広くて、気泡とジェット2本が噴出している。

 
快適な浴室

 カラン・シャワーも快調だ。
 ふーむ。週3回しかやってない割には使い勝手もよく、気持ちのよいお風呂タイムを味わうことができるやないの。

 ホカホカになって風呂から上がると、大おかみが番台から車いすに移るのを息子さんらが丁寧に手助けされている。
「風呂もあちこち壊れてきてやめようかと思ってるけど、ばあさんの呆け防止のために修理して続けているんだよ」と息子さんはおっしゃる。

 この瀬戸際状況もまた、日本に昔ながらの銭湯が存在し続けている貴重な一側面だ。だがそこに流れる「愛」こそが風呂屋のプライスレスな魅力でもある。
 風呂好きのみなさん、清水湯を応援せねばウソだろう。まちの雰囲気もおもしろい。営業日に注意してぜひ行こう! 
(2014.4.7)
このページの頭激渋銭湯トップ

今江温泉

小松市今江町7丁目205 →地図
TEL:0761-21-4126
【営業時間】06:00〜22:00
【定休日】16日


 小松駅前から1〜2時間に1本のバスに乗って「今江」で降りると、バス停真ん前にこの温泉銭湯がある。
 年季の入った面構えだが、お客の出入りがけっこうあり、この地域で親しまれているアイコン的施設のようだ。

 
(左)横から。駐車場あり   (右)2階は大広間や個室の休憩所みたい

 
(左)入口めっちゃ渋〜   (右)タタキと番台、上がりがまち

 暖簾は出ていないが、玄関の奥に男女別のナナメ入口が見えている。
 中に入ると、石鹸類のショーケースを兼ねた番台に、にこやかなおかみさんが座っている。

 脱衣場のイニシエ度は高い。木の脱衣箱やら男女仕切りの鏡やら、レトロ好きなら「ヨッ待ってました!」と声援を送りたくなる。ならへんちゅーねん。
 ひときわ目を引くのは2台のスタンディングゲーム機だ。見たことのない歴史的な逸品だが、まだ現役なんやと。

 
(左)ゲーム機稼働中!   (右)脱衣箱上下の常連桶が昔ながら度を増幅させる

 
いろいろききめがあるらしい

 浴室はえらく明るい。天井の湯気抜き部分が大きく開いているせいね。
 床はこまかなタイルばりで、その一部が補修によってパッチワーク化しており、キテル感は否めない。
 湯船の底にタイル鯉が仕込まれているのはたまに見かけるが、床タイルに仕込まれているのはここで初めて見たぞ。

 男女仕切り壁の上半分はすりガラスになっている。地方銭湯にままあるが、もしかしたら混浴時代の感覚の名残かもしれん。
 その壁に接して深浅の主湯がある。こまかな正方形タイルで縁どられたクラシカルな湯船だが、そのフチからお湯がどんどんオーバーフローしとるがな!
 源泉は深風呂の隅からドーっと投入されている。んで手前の浅風呂はすごい勢いで気泡噴出。
 ヒナビの光景に似合わぬ景気のよさにクラクラしちゃう。

 主湯に体を沈めると、しっかり熱めの柔らかな湯だ。ナカナカの本物、こいつはぬくもる〜。
 浸かりながら何気なく湯船の下のほうを見たら、男女隔壁下がイケイケになっとるぞ。これはなつかしい!

 源泉吐口の脇にプラコップが二つあるので飲んだ。いくぶん塩分を含んだまったり味だ。
 壁の掲示によると、地下600メートルくらいから50度の源泉が毎分400リッター湧き出ているらしい。「観音様の恵みであり観音様にいただいた温泉」であると書かれている。同義語反復ですよ観音様くりかえしですよ観音様。

 浴室の奥面は、右半分には溶岩が積まれていて、左に副浴槽の電気風呂がある。電気はきつめで、ここもオーバーフローしている。
 源泉かけながしの電気風呂ってレアかも…。

 カランは温泉ではなさそうだ。煙突はこの湯を沸かすためかな〜?
 出入り口右手にステンレスの水風呂があり、左手に無料乾式サウナもある。しっかり銭湯だ。

 しかしまあ正直言って、タイルにヌルつきを感じるところや、くすみが目立つところもある。メンテナンスや掃除は十分とはいえないディープ系だ。
 でもお湯はピカピカのザブザブ。この点で許してしまうのは温泉ならでは。お客も途切れることなく次々にやってくる。地元民に愛される貴重な存在なのね。

 
(左)橋の上から今江温泉   (右)橋から視線を右へ転じると美しい風景に会える

 木場潟から続く水路がすぐ横を流れ、風情も悪くない。浴室は磨けば光る。そうすれば名湯としてもっと集客できるのではないだろうか。
 だが、店主や常連客らがそれを望んでいるかどうかはわからんな…そこが銭湯世界の奥深さでもあるのよね。 
(2014.4.7)
このページの頭激渋銭湯トップ

白山湯 

輪島市河井町4−114 →地図
TEL:0768-22-1737
【営業時間】14:30〜22:00
【定休日】月曜日
【入浴料金】大人420円


 観光化されて風情が消えつつある輪島・朝市通り。その中心部でしっかりとイニシエの趣を現代につなぐ銭湯あり。
 白く塗られた板張りの外壁、紺地に白抜きのオリジナル暖簾が、旅人の汗ばんだ心と体を直撃しやがるぜ。けっこう早い時間から開いているのが嬉しい。

 
(左)海に近い大きな交差点の角地   (右)素通り不可能なたたずまい

 暖簾をくぐって引き戸を開けると、横広タタキに木の番台。まだ若いおかみさんが座っている。
 脱衣所は思いがけず広々している。合板ロッカーなど適度に改装されているが、建物の造りは古く、高々とした天井がじつに清々しい。木質部以外は外壁同様に白く塗られており、よけいなもののないスッキリ空間だ。

 
(左)タタキと番台周辺   (右)高い天井

 
床の中央にタタミスペースあり

 それより真っ先に目が吸い込まれるのが、ロッカー横に開いた庭と縁側。いやぁー最高でっせこの開放感!

 
(左)裸の俺を撫でる緑の風   (右)庭に置かれた双子の招き猫

 浴室は全面改装で古いものはナンモナシ。奥壁に接して深浅の湯舟、どちらもバスクリン入り。浅いほうは気泡が元気よく噴出している。
 カランは左右の壁と、島カラン。立ちシャワーもある。桶はケロリン東京型。
 そっけないほどシンプル極まりないが、どこもかしこもピッカピカで、じつに気持ちよろしい。

 
きれいでピカピカ

 上がると、天井ファンの涼やかな風が出迎えてくれる。おほぉ〜っ。
 飲み物販売もあるので、なんか飲みつつ全開放の庭を眺めるべし。あまりの心地よさに、帰るのが嫌になる。

 
最高です

 番台の女性に聞くと、
「私はあとからヨメに来たからよくわからないけど、昭和初期くらいの建物と思う。それまで別々の2軒の店だったのを一つにまとめて銭湯にしたそうです」
 とのことだ。
 驚いたのは、ピッカピカ新品かと思われた浴室は、改装して10年ほど経っているらしい。毎日よほど丁寧に手入れをされているのだろう。

 浴室全面改装はレトロファンには残念だが、そのキレイさと庭の心地よさに★つきだ。ナイス銭湯。  
(2008.6.27)
このページの頭激渋銭湯トップ

新橋湯  ≪廃業≫

2010年、廃業されたようです。
レポートは営業当時のものです。


輪島市新橋通8−2−8 →地図
TEL:0768-22-0514
【営業時間】平日15:00〜21:00
【定休日】木曜日
【入浴料金】大人420円


 輪島川の西側、新橋地区に渋銭あり。国道249号の1筋北の路地で、しっくい・板張りの古風な構えが独特のオーラを放っている。
 正面左側に2階部分がずーっと伸びているが、ナナメ横から見たらこれは壁だけで中身がなかった。和風の看板建築なのか。

 暖簾をくぐって戸を開けると、横長のタタキに古い木の番台があり、ほがらかなおかみさんがいる。
 下駄箱はなくて、靴は脱ぎっぱなし。脱衣場との間には目隠しに白いカーテンが吊るされている。

 脱衣場は典型的な田舎銭湯の郷愁空間だ。
 板張りの床、木の脱衣箱、天井から下がる3枚羽、積み上げられた丸籠、ぶら下がり健康器、そこらへんに無造作に干されているタオルや常連グッズ。いろんなポスターや飾り物も多く、竹久夢二もあり。あーもう脱力ぅ〜。
 浴室入口の足元に、竹を模したタイルが敷かれているのが珍しい。

 浴室は奥に深浅2槽のシンプルパターンで、浅いほうにジェット2連。ともに濃い緑の入浴剤が投入されている。
 井戸水・薪沸かしのやわらかいお湯だ。ほぐれるぅ〜。

 湯舟のヘリは渋い色の豆タイルで固められているが、能登半島沖地震によるものか随所にひび割れがある。湯舟側面タイルは色が激しく褪せている。深風呂の奥壁にヒッソリと鯉と金魚の造形タイルがあるが、1匹剥がれてしまっている。
 これすべて古銭湯の深き味わい也。批判は俺が許さない。

 浴室の両側にカランが並ぶが、真ん中に真四角の箱のような島カランがあるのがおもしろい。ハンドシャワーが2つ、3つ。

 あがりは飲み物販売はないが、天然水サービスあり。
 おかみさんによると昭和25年の建物とのことで、タイル類はその頃のままだ。能登地震で煙突の3分の1が壊れたらしい。

 釜場の横の倉庫には、見上げるくらいに薪が整然と積まれている。杉、アテ(アスナロ)、松などが多い。フイトンチッドの高貴な香りが充満しまくっている。
 この銭湯をほとんど一人で切り盛りされているおかみさんは、「ここは私の趣味の部屋」だとおっしゃる。毎日、材木屋から引き取る端材を電気ノコギリで切り揃え、「冬までに8段積む」のだという。
 寒い能登の冬には大量の薪が必要だ。趣味というより、やはりプロの仕事場であると感じた。

 釜場の裏には小さな畑があり、おかみさんはここで育てた野菜を女湯の赤ちゃん台に並べて販売したりしている。
 風呂釜の横には七輪が置かれていて、釜に薪をくべながら、ときには魚を焼いたりもする。

 
野菜の吊るされた釜場入口

 女手一つで、いかに風呂屋稼業を楽しむか。その極意がここにある。
 おかみさんの人柄と人生の達人ぶりに、★をつけなきゃウソでしょう。 
(2008.6.27)
このページの頭激渋銭湯トップ

恵比寿湯  ≪廃業≫

2015年12月に廃業されました。
レポートは営業当時のものです。


珠洲市正院町正院19−45 →地図
TEL:0768-82-0402
【営業時間】14:00〜20:00頃
【定休日】月・水・金・土
【入浴料金】大人420円


 能登半島の先っぽだ。珠洲市の中心部・飯田よりさらに東の正院というところ。遠いったらありゃしない。

 正院交差点のひとつ西の筋を海へ向かうと、途中に古めかしい銭湯が現れる。
 木の香りがプンプン漂うような伝統建築。両脇の整形された樹木との組み合わせがまたイニシエ銭湯ファンの心の琴線をこれでもかとかき鳴らす。
 このオーラはもう絶対タダモノではない。

 中央の玄関付近がことに味わい深い。破風の小屋根の先端にはえべっさんの鬼瓦があり、その下にはツムラの「中将湯温泉」のイニシエ看板。
 そして何と言っても叫び声を上げずにいられないのは、正面にばしっと貼り込まれた極彩色のえべっさんタイル絵だ。能登半島沖地震で一部破損しているが、外部露出タイル絵としては尾鷲の松の湯に匹敵するインパクトかもしれん。

 暖簾をくぐると横長タタキ、渋い木の番台におかみさんが座っている。
 脱衣所もキワメテ味わい深い激渋空間だ。しっかりとした美しい折り上げ格天井、木目の美しい脱衣箱。男女仕切りの板壁、木の長椅子、どれもこれも泣ける。
 天井近くには、扇形の額縁に入れられて、またしてもえべっさんの面が飾られている。壁には日本画の色紙などが飾られている。
 古いものばかりだが、どれもよく手入れされていて、ボロイ感じがない。

 こじんまりとした浴室もまた、細かいタイル使いの渋い世界だ。
 とくに床のピンク色の美しいタイルがたまらない。多少の痛みはあるが、とにかくたまらない。じつにたまらない。
 奥壁には富士山と帆掛け舟の大きなモザイク画がある。その下部に深浅の湯舟があるが、これも細かいタイル張りで、フチに石が乗っている。浅い部分から深い部分への段差が斜面になっているのが珍しい。
 廃材で沸かされたお湯は柔らかい。ここまでの長旅の疲れをじっくりと癒そやないか。

 両壁にカランが並ぶがシャワーはない。
 男女壁にはパネルがはめ込まれている。あとで聞くと、ここは曇りガラスだったのが、地震で全部割れた。浴室入口のガラス戸も割れたらしい。

 上がりは紙パック飲み物あり。
 おかみさんによると、80年くらい前からやっているらしい。昭和前期の建物だが、最近釜を替えたので、まだしばらくは続けてくださるだろう。

 能登の銭湯でここが最も感動したかもしれん。
 週に3日しか営業していないため旅行中に立ち寄るのは難しい。しかし、この銭湯に入ることに照準を合わせて旅行の日程を組むべきだろう。それだけの価値は十分あると言わねばなるまい(注:銭湯ファンだけ)。  
(2008.6.26)

 
(左)浜辺に鳥居がある   (右)そこから内陸へのびる参道の途中に恵比寿湯がある
このページの頭激渋銭湯トップ

湊湯 

鳳珠郡能登町字宇出津新32−1
 →地図
TEL:0768-62-0194
【営業時間】平日14:30〜22:30
【定休日】8のつく日
【入浴料金】大人400円


 鳳珠郡能登町の中心地は宇出津(うしづ)という小さな港町。ここには3軒の銭湯が元気に営業中だ。

 宇出津のヘソにあたる「宇出津新」交差点近く。賑やかな幹線道路に面して、一瞬わが目を疑うようなイニシエぎんぎんの唐破風銭湯が、平然とそこに存在している。ま、まじっすか!
 この風呂屋の周囲だけ時空が歪んでるケハイを感じる。紺地のオリジナル暖簾も渋いが、その上の、流木の屋号看板がタマランな。一部の文字はなくなっているが。

 俺は瞬間湯沸し器的に興奮の極に達しつつ、暖簾をくぐった。
 狭い玄関スペースの左右にトイレがある。そして正面には、「九谷 鈴栄堂」の銘の入った美しいタイル絵がお出迎えだ。富士山をバックに帆掛け舟の図柄。

 戸を開けてさらに侵入すると、番台におかみさんが座っている。番台と脱衣所の間には衝立が造り付けられ、中が見えないよう配慮されている。
 こじんまりした脱衣所はしっくい壁に格天井、3枚羽プロペラの伝統空間で、神棚には「千客万来」と書かれている。でもロッカーは新建材。

 裸になって浴室へ。ここもこじんまり空間だが・・・むおっ、こここれは富士山のペンキ絵ではないか! 奥壁いっぱいに男女ぶち抜きで大富士山だ。
 東京の銭湯みたいだが、東京の3絵師の作ではなさそう。年数が経ってけっこうペンキが剥がれてきているが、こんな辺鄙なところでペンキ絵に出会えるとはなあ。

 設備はそこそこ改装されている。タイルの湯舟は奥に深浅2槽。ジェットつきの深風呂は43度くらいで、浅風呂はややぬるめ。
 鉄分が多いのだろう、まったりした飴色のお湯が旅の体をじんわりほぐしてくれる。燃料は廃材とオガクズだ。
 浴室両側のカランにはシャワー完備。男女壁はびっしりと豆タイルで埋められている。

 ご主人によると、玄関及び脱衣所の建物は昭和23年、浴室部分は昭和25年に建てられた。東京の建築士が図面を取り、地元の祭りの神輿を作る大工さんが造ったそうだ。

 日本海に突き出た辺鄙な港の小さな銭湯で、唐破風とタイル絵とペンキ絵に出会うこの感動。常人にはわかるまい。
 能登よ。さすがは銭湯の故郷だ。 
(2008.06.26)
このページの頭激渋銭湯トップ

松の湯 ≪廃業≫

廃業された模様。
(湊くん&シロヤギさん情報感謝!)
レポートは営業当時のものです。


鳳珠郡能登町字宇出津ヘ12
TEL:0768-62-1582
【営業時間】たぶん14:00〜?
【定休日】?聞き忘れ
【入浴料金】大人400円


 宇出津にもう1軒、目がクギづけになるような外観の銭湯あり。
 町役場から川を挟んで北東へ徒歩3分ほどのところに、こぎれいに舗装された一角がある。そこに激渋オーラを発散するカンロクの木造銭湯が鎮座している。

 
(左)落ち着いたまちなみの中ほど   (右)どうですかこの建物!

 
(左)板張りの側面   (右)背後のお寺の石段から、湯気抜きまで瓦屋根

 
オリジナル暖簾のコゲ茶色が最高

 暖簾をくぐって戸を開けると、番台におかみさん。けっこうお歳と思われるが、とても若々しくお元気な感じ。
 こじんまりした脱衣所は真新しくスッキリ改装されていて、古いものはあまり残っていない。飲み物の自販機まで置かれている。
 だが建物自体は伝統的なものであり、磨かれた梁や天井が見どころだ。

 
(左)脱衣所   (右)美しい格天井にモダンな照明器具

 浴室はさらに改装ピカピカ、しかも床も壁も無表情なタイル一色張り。古さや遊びは一切なく、目を引くものはとくにない。カランも最新型だ。

 
(左)脱衣所から浴室方面   (右)浴室、深浅2槽ブクブクつき

 渋い外観からは想像できないほど内部は機能性一本槍で改装されまくっており、イニシエ風情を求める者にはチョイ残念だ。
 でも新しいぶん清潔で使い勝手はよい。薪で沸かされたやわらかいお湯もまたよし。  
(2008.06.26)
このページの頭激渋銭湯トップ

浜の湯 ≪廃業≫

廃業された模様。
(湊くん&シロヤギさん情報感謝!)
レポートは営業当時のものです。


鳳珠郡能登町小木
TEL:?
【営業時間】14:30〜20:30
【定休日】月・水・金

【入浴料金】大人420円


 合併で能登町になった旧珠洲郡内浦町に小木という漁村がある。ここに電話帳に載っていない銭湯があることをナカムラさんのHPで知り、訪ねてみた。

 小さな湾の奥に鄙びた集落がある。港の岸壁から150mほど西、自転車屋のある角の奥に板張りの古い銭湯を発見した。
 前の街灯に「田中写真館」の看板が出ている。銭湯と同一棟の角に確かに「タナカ写真」の看板を掲げた小さな入口がある。銭湯と写真館の同居は初めて見るパターンだが、今も営業してんのかな?

 暖簾のかかった玄関部分は、頭上の洋風木工細工がエライ渋い。2階部分には「太陽温泉」の看板、これは北陸でちょくちょく見かける。
 戸を開けて入ると、横長のタタキに古い番台があるが、おっちゃん(60歳くらい)は男湯の脱衣場に丸椅子を置いて腰かけている。
 下駄箱は「いろは」が書かれた骨董品、泣ける。

 使い込まれて黒光りする板張り床の脱衣所は、意外に広い。格天井で3枚羽のファンが回り、奥壁に神棚の飾られたクラシック空間だ。
 脱衣箱もこれまた古い木製のもので、番号は漢数字。フタに、内側落とし錠の小さな鍵穴あり。籐の丸籠もいくつか積まれている。
 浴室の入口部分が脱衣所側に少し突出したかたちになっており、その両脇の裾部分には小さなタイル絵がある。右は2本マストの洋風帆船、左は1枚帆の宝船。さすがは港町だ。

 浴室はそこそこ改装されている。壁は全面白タイル、湯舟は奥に深浅2槽のシンプルスタイル。床に天然石のような色合いのクラッシュタイルが派手に使われているのが珍しい。天井は中央が大きく持ち上がった東京型の2段式。
 お湯はなめらかないい湯だ。カランの水も冷たくて気持ちがよい。男女壁側のカランにシャワーが設置されている。

 上がっておっちゃんに聞くと、「わしはここのもんでないからようわからんが、たぶん戦後の建物」だという。旧内浦町には以前3軒の銭湯があったが、今はここだけだそうだ。

 ふと上を見ると、タタキと脱衣所の間の梁にツバメの巣がある。おっちゃんは玄関上部の小窓を一つ、このツバメ用にいつも開けている。
 「毎年来て子どもを育ててるよ」
 ほんわか〜。 
(2008.6.26)

 
小木港から湾口を見る
このページの頭激渋銭湯トップ