関西の激渋銭湯
チープに極楽。生きててよかった!
【沖縄県】の激渋銭湯
沖縄県<九州激渋銭湯トップホーム
中乃湯 ★(沖縄市)

中乃湯 
沖縄市安慶田1-5-2  →地図
電話 
098-937-8953
【営業時間】 15:00〜20:30
【定休日】 木曜と日曜


 沖縄県の銭湯はとうとうここ1軒だけになってしまった。その憧れの中乃湯に、2日続けてお邪魔した。

 那覇から路線バスでコザ十字路の一つ手前の安慶田(あげだ)下車、徒歩1分。路地を進むと味わい深い外観が見えてくる。1960年ごろの創業っちゅー話。
 正面の半分隠れたような建物が銭湯(沖縄語で「ゆーふるやー」)、右の四角い2階建ては受付兼住居になっている。

 次々に客が来て、なかなか繁盛しとるがな。
 でも後で聞いたらこれは冬場だけで、夏は閑散としているそうだ。よーするに暑いのね。


 暖簾の奥がフロントだが「40年使ってない」

 営業終了時刻、女湯の客が先に切れたので女湯内部を撮らせていただいた。
 沖縄の銭湯は特徴は、脱衣場と浴室の間に仕切りがないこと。別府や指宿の温泉共同浴場と同じスタイルだ。かつては沖縄中の銭湯がみなこのスタイルだったという。

 
(左)これよこの空間 (右)赤ちゃん台もすべて空色

 湯船は一つだけ

 湯船はかつて白セメント塗りだったのが、数年前にタイル張りに改修された。
非循環式なので、浸かる前に必ず石鹸で体を洗うのがここのルールらしい。
 お湯は40度くらい、ぬるめで入浴剤で緑がかっている。
 驚いたのはその湯の質、めっちゃ軟水。石鹸すすいでもすすいでもツルンツルンやがな。なんでも地下300メートルから汲み上げているそうだ。

 そして独特のカランと合流ホース。高い位置にあるため洗い桶で受けにくいが、ホース先に頭を下げて直接髪を流すことができる。不便なようで便利なようで不便なようで…オモロイ!

 
(左)これが沖縄式  (右)湯と水の量を調節して好みに調合する

 
ここは「おばぁのゆーふるやー」として一部で有名だ。
 受付にはここを一人で切り盛りする仲村シゲさんという80歳のおばぁがいるはずなのだが、1日目に番をしていたのは40歳くらいの男性だった。聞けば、東京出身だがシゲさんに惚れ込んで沖縄に移住し、今は那覇に住みながら週に一回ここを手伝いに来ているそうだ。


 というような話をしていたら、そのシゲさんがどっかから出て来られた。頭にホットカーラーを巻いてネットで保護している。
 その神々しいお姿を見て、俺も一目惚れした。んで普段は記念写真なんかまず撮らないのだが、ツーショット写真をお願いしてしまった。

 シゲさんへの俺の寄りっぷりが異常

 次の日も行ったが、シゲさんは不在だった。その代わりに息子さんのヨメさんが店番をしておられた。
 このお方がまた美人で、俺は一目惚れした。でもシャレならんので記念写真はやめといた。

 1軒しか銭湯がない沖縄は銭湯ファンとしては少し物足りないな〜と思っていたが、そんなことはない。中乃湯に毎日来たらエエのである。そしてそのまま移住すれば、もっとエエのである。
(2016年1月)
このページの頭九州激渋銭湯トップホーム