『となりのミドワイフ』
推薦の言葉


女性の人生を変えるほどの力をもつ助産婦さんとの出会い。
助産婦がなぜ大切なのか、
出産が女性にとってどんな意味をもっているのか、
この本はそのことを教えてくれます。

松岡悦子(社会学者)
旭川医科大学社会学助教授

「お産っていいよ。おっぱいっていいよ。」って、
いつも元気と勇気をくれる熊手さん。
そんな熊手さんの原点がよくわかりました。

妊娠、出産は良くも悪くも、
人間をかえる大きな可能性と意味を持っています。
医療者でない熊手さんだからこそ、
先入観なくそんなお産の本質に気づき、
純粋にできるだけ多くの人に気づいてほしいと精力的に行動し、
発言ができているのですね。

お産をサポートする助産婦への大きなエールでもある一冊です。


竹内正人(産婦人科医)
葛飾赤十字産院・第二産科部長


しっかりと身体に向き合うようなお産を経験することによって、
びっくりするくらいこどもがかわいくなる。
人に伝えたいことが心の底からわいてくる。
ああ、この社会をもっとやさしく住みやすいところにしなければ、
と思い始める。

熊手さんは、その典型のような方だ。
彼女の言葉は、彼女の言葉のようで、彼女の言葉ではない。
いのちの根源から彼女を通じて流れてきている言葉。
一人でも多くの方に、この言葉が届きますように。

三砂ちづる(疫学者)
国立保健医療科学院


はっきり言ってうらやましい!
一人のお母さんにこんなに熱いラブレターを書いてもらえる
助産師という職業が。

でも、実はそれだけ、
お産の現場で女性が貧しいケアしか受けられていないということ。
新しい生命の誕生に勇気づけられ、
癒される場であるはずなのに
「私はダメな母親」と出発点から傷ついてしまう女性がいるのは
あまりにも悲しい。

助産師さんへ。
彼女の熱い期待のあふれるこの本を読んで、
お母さんたちの「心の叫び」「声なき声」に応えるために、
手をつなぎあってできることから始めませんか。

出産と子育てに関心をもつ全ての人々へ。
この本から、
少しの勇気を出して声をあげていくことの大切さを学びませんか。
女性が出産の道具でなく、
心も体も尊重される社会、
子育てを楽しめる社会にしたいですよね!


奥田由子(心理療法士)
公立高島総合病院 こころの相談室

 助産師に対して
いつも熱いメッセージを寄せて下さる熊手さん、
こんなにも助産師を愛してくれて有難う
と思うのは私だけでしょうか。

助産師の過去から現在まであらゆる角度から勉強し、
また、情報をとられ
よくぞここまでと感心しました。
助産師への応援書です。

助産師がこれからのあり方を考える上でも大いに参考になります。
助産師の教育の質、助産師の必要性や
助産師のあってほしい方向性についても言及しておられます。

こんなにも愛して下さった熊手さんへの御礼も含めて、
一人でも多くの助産師の皆様に読まれることをお勧めします。

加藤尚美(助産学)
沖縄県立看護大学教授


妊娠・出産・産褥を過ごし、親になっていくことは
女性にとって(男性にとっても)人生の一大イベントです。
その一大イベントを身近に
時間軸に沿って支えている方たちが助産婦(師)さんたちです。

今、日本でおきている親子の問題の多くは
その遠因がこの時期から始まっています。
そうしたことからこの本は
ケアを受ける側からの助産婦さんたちへのエールであり、
また私たち日本に住みもののすべての人が
考えなくてはならない問題提起をしています。

熊手さんの心の軌跡が
このような叫びや訴えになっているのだと思います。
産科医・小児科医・助産師・母子保健にかかわる行政の方たちに
ぜひ読んでいただきたい本だと思います。

堀内勁(小児科医)
聖マリアンナ医科大学小児科

ご注文はこちら

「となりのミドワイフ」に戻るさいろ社の本ホーム